毎日一つずつ楽しいことを見つけて幸せに暮らす実験・・・のはずが現在K-POP+韓国ドラマ偏重中


by solcov

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(K-POP)
音楽(その他)
映画
文芸

テレビ
韓国ドラマ
マンガ
生活
仕事
NBA
時事
アニメ
新大久保
DVD

その他娯楽
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
more...

フォロー中のブログ

ええねん日記
良い子の学習帳
@@猟奇的な映画情報局@@
rencia`s ...
サランヘヨ 韓国ドラマ
クニャン カジャ~♪
小春日和
人生メジャー化計画
さらんへ~
TURTLE STYLE
三番目の住人
ひとり言。
愛とは理由を言えないもの・・・
Natural
http://smaps...
ORANGE Note~...
まきもきや
韓国ドラマ Inform...
ソウルに住む日本人主婦の...
亜州的日日 [Asian...
韓☆スタ
シム家の食卓@完全クローズ
つれづれk-pop日誌
『大長今』ストーリーガイ...
尼雄の音楽日記 ー道は星...
if you see h...
web備忘録
KAORI'S ROOM
seefall 終わらない物語
あるびん・いむのピリ日記
hoop NBA fro...
JUSAWI
野宮真貴のおしゃれブログ
酸いも甘いも☆ 釜山大スキ!
韓国人、嫌韓を見る
羅鰤威韓国留学日記
かおり★おかき『エル・カ...
aj・staff's blog
FREEBIRD WEB...

ブログパーツ

タグ:PC ( 21 ) タグの人気記事

iPhone7を触りながら考えたスマホメーカーとユーザーの珍妙な関係

a0018010_09351573.png2014年にiPhone6が出た時、僕はかなりがっかりしていた。
背面がサラサラの梨地仕上げになっているばかりに、片手で扱うのが難しい端末だったからだ。

OSのインターフェイスを含め、人が直接触れる部分へのこだわりがAppleの身上だったはずなのに、iPhone6からは妥協の匂いがした。

iPhoneにカバーをつけて使う人が多いことも、あるいは関係しているのかも知れない。
iPhone5ですら大きすぎると感じるユーザーだっていた訳だから、片手での操作性が良いとか悪いとかいうのも所詮はどこで線を引くかの問題なのかも知れない(世の中にはiPhone6では小さすぎて使いにくいという体格の人だっている)。

だが、ほんのちょっとの違いなのだ。もうちょっとで、iPhone6はもっと扱い易くなったはずなのだ。
そんなもやもやした気持ちを抱えたまま、僕はiPhone6にシリコンカバーを付けて使っていた。
翌年、iPhone6Sが登場したが、やはり背面処理は変更されておらず、相変わらずシリコンケースを使わざるを得なかった。

今年発売されたiPhone7もiPhone6と同じサイズだが、今回はジェットブラックという新色が加わった。ガラス面と区別がつかないほどにツルツルな仕上げのモデルだ。
これなら指が滑ることもなく、カバーなしでも全く問題なく使える。iOS10で追加された細かい機能の数々も概ね良い感じだ。
ああ、どうして2年前にこういうモデルを投入してくれなかったのだろう。まさにこれこそが大画面iPhoneのあるべき姿だ。

とか何とか一人悦に入っていたら、どうやらジェットブラックモデルは傷がつきやすいという噂が流れ始めた。
実際はそうそう簡単に傷が付くようなものではないのだが、そういう噂がまことしやかに流布したことと、iPhoneにケースを付けて使う人が多いことは無関係ではないように思える。
iPhoneに傷が付いたら嫌だと思うから気になるわけで、毎日使うものなんだから傷なんて付いて当たり前、と思う人が多ければ、そんな噂は誰も相手にしなかったろう。

iPhoneにはそこはかとない高級感があるし、実際それなりに値のはる商品だから、傷ひとつ付けたくない気持ちは大なり小なり誰しも持っているとは思う。

だが、世の中にはもっと高級かつ高価で、カバーも何もつけずに使われているものがたくさんある。
ロレックスにシリコンカバーを付けて使う人はいないだろうし、フェラーリ用保護カバーなんてものもない。ジバンシイのコートが傷まないようにコートを重ね着したなんて話も聞いたことがない。

家電店に行くと、スマホ用のカバーが各種取り揃えて大量に陳列されている。多分、一つの商品ジャンルでこれだけ保護カバーの類が販売されている商品もあるまい。

メーカーは色々な工夫を凝らして見目麗しい端末を作る。
だが、多くのユーザーはそれをケースで覆って使っている。
考えてみればなんとも珍妙な具合である。

スマホというものは、値段が高い割に長持ちしない道具だ。数年でOSが対応しなくなり、液晶が劣化し、バッテリーが劣化する(ちなみにiPhoneはバッテリー交換がほぼ不可能になっている)。

そういう、スマホという商品のバランスの悪さが、メーカーとユーザーの間の珍妙な関係を生み出しているのだと考えれば、スマホという商品はまだまだ過渡期にあると言えるかも知れない。
[PR]
by solcov | 2016-10-10 09:40 | 生活 | Trackback | Comments(4)

iPhone6とこれからのApple

a0018010_23415417.jpg

今年のiPhoneは去年に比べると格段に入手が容易だったらしい。
歩留まりの悪さによる供給不足が噂されていたiPhone6 plusは案の定品薄ということだが、iPhone6は近所で普通に販売していて、発売日翌日のチラシに「超大量入荷」などと書いてあった量販店もあるほどだ(何でも、発売から3日で全世界1,000万台超の売上だそうだ)。
僕も昨日近所の量販店で買ってきて触ってみているのだが、実は世の中の盛り上がりとは裏腹に結構がっかりしている。多分、僕以外にもがっかりした人はいるのではないだろうか。

細かくあれこれ言い始めるとキリがないので簡単にまとめてしまうと「Apple、日和ったな」という感じがつきまとうのである。
iPhone5Sと比較すると、「本体が薄く、画面が大きく綺麗になった代わりに、仕上げがちょっと安っぽくなって、ついでに文字入力がやりにくくなった」という印象である。僕はいつもカバーも保護シートも使わないのだが、今回ばかりは余りにも背面が滑りやすいので、滑り止めのシートを貼り付けてしまった。3G以降毎年iPhoneを買い続けて来たが、滑り止めをつけないと操作が不安なiPhoneというのは6が初めてだ(実際、買ったその日のうちに3回落としそうになって、1回本当に落としてしまった)。

恐らく、この後の展開としては来年発売予定のアップルウォッチがiPhoneを補完するという流れになるのだと思うが、それでも「満員電車の中で吊り革につかまりながらでもちょっとした調べ物ができる」というような便利さからは遠のいてしまうだろう。

ちなみに、iPhone6 plusは完全に片手での操作が不可能なサイズで(NBAの選手とかなら片手で扱えるのかも知れないが・・・)、iPhoneというより「電話もできる小型のiPad」と考えた方がしっくり来るような製品なので、片手で使えなくて当たり前という割り切り方ができる。

Appleは昔から製品の扱いやすさを追求して来た企業だ。スティーブ・ジョブズが追い出され、ジョン・スカリーやマイケル・スピンドラーがCEOを務めていた暗黒時代には迷走したものの、旧製品よりも不便になるような要素を残したまま新製品を投入することを避けて来た。良くも悪くも、そういう場合は発売を見送ってファンの不興を買う道を選ぶ会社だったのだ。

ともあれiPhone6はAppleが「機能の向上」と「扱いやすさ」の両立を放棄した初めての製品となった。
うがった見方をすれば、Appleもそういう問題点を承知していたからこそ、予約の必要もないくらいの在庫を投入して、早い段階で売り切ってしまおうとしていたようにも思える。
これからAppleがどういう会社になって行くのか、アップルウォッチが発売される頃にはもう少し見えて来るのかも知れない。

9月25日追記

iOS8にもかなりのバグがあるようで、iTunesとの同期ができないというトラブルが多発しているようだ。
僕もこれに度々悩まされている。
総合的に判断して、やはり歴代最低のiPhoneと断言して差し支えあるまい。
[PR]
by solcov | 2014-09-22 23:48 | その他娯楽 | Trackback | Comments(0)

廃盤と音楽配信とスマホ

先日、田舎から遊びに来た友達と二人で三宮のソウルバーに行った。
そういう店で飲む時の楽しみと言えば、やはりレアでかっこいいレコードをかけてもらうことである。ソウルという音楽は70年代をピークに衰退に向かったため、必然的に今では廃盤になっているアルバムが多い。盛んにCDで再発されていた時期もあるが、それらも既に廃盤になり始めている。
どうしてもそういうアルバムを聞きたいソウルファンは中古盤を探さざるを得ず、場合によっては新品よりも高い値段でボロボロの中古盤を買うなどということも起こる。
僕も定価の4倍とか5倍くらいまでなら高い値段のついた中古盤を買ったことがあるが、さすがに中身を一度も聞いたことがないアルバムにポンと万札を出せるほど懐具合が良かったことはないので、とりあえず試聴させてもらおうということになる。
ところが、この試聴というのがなかなか大きな壁なのだ。アナログ盤というのはダイヤモンドの針でレコード盤をひっかきながら音を出す。わずかとはいえ、一回再生すればその分確実にレコードは劣化するのである。どこにでも置いてあるようなありふれた中古盤ならこっちも気軽に頼めるが、いわゆるレア盤だと試聴を頼んだあとで「やっぱり買わない」とは非常に言いにくいのが人情というものだ。

そういうことをつらつら考えると、聞きたい音楽をその場でかけてくれるソウルバーのような場所が身近にあるのはとてもありがたいわけだ。

ところが、この何年かで過去の音楽を手に入れる方法は大きく変わって来ている。

変化を引き起こした要因の一つはAmazonだ。全国どこに住んでいようとも、全く同じ条件で買い物ができる。特に中古盤を扱うようになってからは利便性が高い。何しろ今まで海外の中古盤店からレコードやCDを買うのはなかなか大変だったのだ(ちなみに、海外中古盤専門店の在庫を横断検索して注文できるなんていうとんでもないサイトも存在するが、配送品質のバラ付きが大きいというリスクがある)。

そして決定的だったのがiTunesストアに代表される音楽配信だったと思う。Amazon同様、全国同一条件で、なおかつ在庫切れが起こらないというデジタル配信ならではの大きなメリットもある。

iTunesストアも日本でサービスがスタートした頃はメジャーアーティストの曲しかなくていまいち使い物にならなかったが、ここ何年かで飛躍的に取り扱い商品の幅が広がった。

残る問題は「何を買うべきか」「どのアルバムがカッコイイのか」という情報をどう入手するかなのだが、これも一昨年くらいから急速に環境が整って来た。
iPhone等のスマホが普及したことで、従来は考えられなかったようなサービスが登場して来ているのである。
その場で流れている音楽を聞き取って、曲名やアーティスト名を表示するアプリ。
アーティスト名を入力すると、傾向の似たアーティストをまとめて表示し、代表曲の試聴までできるアプリ。
この二つを組み合わせて使うと、もう笑ってしまうくらい簡単に好みの音楽を見つけられる。
ちょっと油断するとあっという間にアルバム5枚や10枚は買ってしまっているという仕掛けになっているわけだ。

ここまで来ると、もうソウルバーなんて行かなくても構わないようなものだが、今度は自分で見つけた音楽を自慢しに行きたくなるから困ったものである。

というわけで、レア盤だとばかり思っていたらちゃっかりiTunesストアに入っていてびっくりしたFIREFLYのYou Can Lead me。


音楽業界は儲からなくなって困っているそうだが、誘導のしかた次第で果てしなく金を使い続けるバカは世の中に結構いるわけで、その辺の層をもっと狙っていただけると僕は大変嬉しかったりする。
[PR]
by solcov | 2013-03-04 22:09 | 音楽(その他) | Trackback | Comments(2)

iPhone5とスティーブ・ジョブズの1周忌

スティーブ・ジョブズが亡くなって早一年。
カリスマ経営者を喪った後もAppleは概ね順調なようで、iPhone5は恐らくiPhoneの完成形といっていい程の筺体に、細部まで練りこまれた最新版のiOSを搭載して空前の大ヒットになった。僕も早々に手に入れて1週間ちょっと使っているが、歴代iPhoneの中でも群を抜いて使いやすい。処理速度とOSの仕様、重さ、大きさ、手触り、そういった個々の構成要素が絶妙のバランスで結びついている感じだ。

かつてAppleはジョブズを追放し、延々と迷走を続けた末に再び彼を呼び戻して立て直しを図った。経営者としては色々問題が多かったようだが、結局のところAppleという会社を成り立たせていたのはジョブズの非現実的なまでの先見性だったということだろう。それを端的に現したのがこのiPadのCMだった。冒頭の「テクノロジーだけでは何かが足りない」というのはジョブズの有名な言葉だ。
このCMが流れていた頃にはもうスティーブ・ジョブズは病気を理由に休職していて、ここで語られる言葉はジョブズのいないAppleの将来の方向性を見据えたものとも思われた。


このCMを見た時、僕は「十分に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない」という言葉を思い出した。SF作家アーサー・C・クラークの言葉だ。
スティーブ・ジョブズが夢見たのはそんな製品だったのかな、と思う。

iPhoneは間違いなくそういう方向に進化しようとしている(iOS6の地図アプリのような失敗もあるが)。
日本語版のCMで「テクノロジーからの開放」と訳されている部分の原文は「When technology gets out of the way」で、テクノロジーが脇に寄るとか、道を譲るとか、一歩下がるとか、そういう含みがある。
かつて高い技術力を売り物にしてきた企業が軒並み凋落し、テクノロジーを脇役にすると宣言した会社が世界を席巻しているという訳だ。

それがどれくらい未来の話になるかは不明だが、十分に発達したテクノロジーに支えられた理想のデバイスは「魔法の箱」になるはずだ。その時、人間が意識するのは「箱」だけになる。
Appleという会社が、時として性能を犠牲にしてでも「箱」のデザインや質感に執拗なこだわりを見せる理由はそんなところにあるのかも知れない。
[PR]
by solcov | 2012-10-08 17:42 | 時事 | Trackback | Comments(0)

広島弁のSiriと言葉の世界の奥深さ

子供の頃から慣れ親しんだ言葉とは別の言葉を使って生活しなければならない人は、一体世界にどれくらいいるのだろうか。外国で生活する人は当然として、地方出身者もそこには含まれる。
僕は広島出身なのだが、方言の中には標準語に置き換えられない言葉が往々にして存在し、結果的に自分の感情を表現できないということが起こる。
例えば、広島弁の「たいぎいけえ今日ははあしまいにしょうやあ」という文章を半ば無理やり標準語に翻訳すると「疲れたから今日はもう終わりにしようよ」となるのだが、元の広島弁での言い方に込められた感情は半分くらい無くなってしまう。「たいぎい」は「疲れた」でもあるし、「面倒くさい」でもあるし、「気が進まない」でもある。そして、文末の「しょうやあ」というのも標準語の「○○しよう」という表現よりも若干弱めの言い方だ。
そういったことを踏まえて先ほどの原文を、発話に至るまでの感情に則してより正確に訳すとすれば、
「もうちょっとやってやれないこともないが一応は疲れてもいるし、わざわざ今日どうしてもやらなければならないというほどの重要性も感じられないので、今日はもう終わりにしたいと切に願うところであるが、そこはそれあなたが同意してくれないと止めるに止められないので是非とも同意していただきたい」
くらいの表現が妥当と思われる(ちなみに、「疲れたから今日はもう終わりにしようよ」に近い広島弁は恐らく「しんどいけえ今日ははあしまいにしょうで」だろうと思われる)。

逆に、生まれた時から標準語を話し続けている人たちの言葉のニュアンスを正しく理解できていないということも恐らくあるはずだ。

そういったことをつらつら考えてみると、外国語の翻訳というのは非常に難しいと思う。二つの異なる言語で、単語一つ一つが全て一対一対応するなどということはまず考えられないし、シンプルな文章であってもそこに込められた感情を正しく読み取るのは至難の業だろうと思う。

下のムービーはAppleがiOS6を発表したWWDCのオープニングを広島弁で吹き替えたものだが、僕はこちらの方が標準語による吹き替えよりもすっと頭に入って来てしまうのである。

言葉というのはつくづく難しいものだと思う。

しかし、僕が子供の頃の時点で既に死語に近かった「がんす」という言葉がティム・クックの口から出た時にはさすがに吹いた。
[PR]
by solcov | 2012-09-19 00:20 | 生活 | Trackback | Comments(0)

スティーブ・ジョブズの死

僕が初めてMacを買ったのは、もうかれこれ20年近く前のことだ。
その日から今まで、僕の生活の中には常にスティーブ・ジョブズが世に送り出した製品があった。

IT化は人の賢さも愚かさも等しく拡大する、という言葉を聞いたことがある。
スティーブ・ジョブズという男が作ろうとした世界が僕たち自身の幸せに繋がるのかどうか、まだ判断できる段階ではない。今からずっと後の時代の人々は、スティーブ・ジョブズに対して今の僕たちとは全く違った評価を下すかも知れない。

だが、彼がいなければ、少なくとも僕の生活は今とは全く違ったものになっていたはずだ。
この20年間、僕はスティーブ・ジョブズとアップルという会社のおかげで、随分とたくさんの楽しみを見つけることができた。恐らく、世界中に僕のような人はたくさんいるだろうと思う。そのことに、僕は感謝している。

a0018010_2347748.jpg

[PR]
by solcov | 2011-10-09 23:48 | 時事 | Trackback | Comments(4)

買ってわかったiPadの良さ

先月、iPad2を買った。
このブログでもiPadについては何度か書いているのだが、大体において衝動買いの多い僕でさえ即購入に踏み切れない「ひっかかり」のようなものが初代iPadにはあった。
以前ここで書いた時のような、「iPadは出版業界にとっての黒船」などという与太話はさすがにこの1年で消えて無くなったようだが、iPad ≒「電子書籍リーダー」という定義は非常に分かりやすかった思う。
「電子書籍」は何も既存の書籍を電子化したものである必要はない(図書館の運営体制が貧弱な日本では、巨大で大部のレファレンス系書籍や、稀覯本の類の電子化には非常に価値があると思うが)。
普段見ているwebサイトや友達からのメールを、パソコンのモニターに縛られることなく雑誌や本のように比較的好きな場所で好きな姿勢で読めるのがiPadだ。極端なことを言えば、iPadで表示できるもの全てが「電子書籍」なのである。
もちろん、同じことは携帯やスマートフォンでもできるし、iPadを真似て作られた他社製品もたくさんある。だが、それらはiPadほどには「書籍」に近い「手軽さ」を持ちあわせていない。
画面が小さすぎたり、操作感がいまいちだったり、手に持った時の感触が安っぽかったり、ちょっとしたことで人間は違和感を覚えてしまうものだ。

実は初代iPadにもそういう違和感があった。重すぎて厚すぎたのだ。
iPad2はその辺が大きく改善されていただけでなく、スマートカバーという巧妙な周辺機器が用意された。これは液晶面保護の意味よりも、iPadをより「書籍」に近いものにする意味が大きい。カバーをめくってスリープから復帰させる動作は、本の表紙を開く動作に相当するわけだ。僕の場合、スマートカバーの登場がiPad2を買う大きな動機になった。
この辺は、長年「生活の中に違和感なく溶け込む電子機器」を追求し続けて来たAppleの独壇場であり、他のメーカーが未だに追いつけていない部分だと思う。
その差は結局こういうこと↓なのかも知れない。

[PR]
by solcov | 2011-06-12 12:17 | その他娯楽 | Trackback | Comments(5)

案外便利なApple TV

a0018010_1292011.jpg第二世代で一気に低価格化され、日本でも映画のオンラインレンタルが始まったことで多少は話題になっているものの、少なくとも日本国内では取り立ててどうこういうほど注目は集めていないと思われるApple TVであるが、半ば衝動的に買ってみたら意外に便利だった。

要はパソコンから音楽や動画のデータをネット経由でテレビに出力できるようにするだけのブツなのだが、その手のコンテンツ、特に動画はパソコンの前に座ってみるより、テレビの前でゴロ寝しながら見るのが快適だったりするし、それなりの潜在的なニーズはあると思われる。このサイズだったら邪魔になることもなさそうだ。

もちろん、Apple TVを使わなくても同じようなことはできるし、単に映画をオンラインレンタルするだけならテレビ単体でも可能なサービスがある。
Apple TVは、さまざまなコンテンツをパソコンで一元管理し、個々のコンテンツに適した出力場所を都度選択できるようにするという構想の一部分を担う製品なのだろうと思う(Apple製の無線LANルーターAirMacにもそういう機能がついている)。デジタルコンテンツは常にコピーをどこまで認めるかという問題がついて回るが、出力先に自由度を持たせるという手段で、その問題を上手く回避しているのも面白い。

更に、AppleがリリースしているRemoteというアプリケーションを使うと、iPhoneやiPadをApple TVのリモコンにすることができる。リモコンといってもApple TVをコントロールする訳ではなく、ネット経由でパソコン上のiTunesを操作してApple TVに出力するという仕掛けだ。
Appleは既存のどちらかと言えばありふれた技術を上手く組み合わせて、あたかもそれが全く新しい技術で作られたかのような商品に仕上げるのが上手いが、Apple TVもその一つということだろう。要は技術の使いこなしというわけだ。

以前から噂されている、iTunesの定額聞き放題サービスが始まったりすると本当に便利なのだが・・・。
[PR]
by solcov | 2010-12-20 01:36 | その他娯楽 | Trackback | Comments(2)

いつもと同じ一日が・・・

忘れられない一日になるほどの発表があるそうな。
よほど自信があるのだと思うが、いつもながら盛り上げ方の上手い会社ではある。フタを開けてみれば案外・・・ということも多いのではあるが、それでも期待してしまうのが小市民の悲しさ(笑)。
a0018010_1484148.jpg


2010/11/17追記。
で、フタが開いたわけだが、結局こんな話である。
a0018010_053647.jpg



ビートルズっすか・・・。
これは喜ぶ人が結構多いだろうし、忘れられない一日になる人も中にはいるものと思われる。
が、僕個人は「いつもと同じ一日」になってしまった模様。


どうもビートルズもストーンズも聞いてて心が動かないんだよなあ、昔から。
[PR]
by solcov | 2010-11-16 01:52 | その他娯楽 | Trackback | Comments(5)

ガラパゴスな電子書籍

端末とサービスが“進化”する——シャープが「GALAPAGOS」に込めた意味 (1/2) - ITmedia +D モバイル


以前、日本で電子書籍は無理なんじゃないかとかなんとか書いたことがあると思うが、家電メーカーはまだ何となく夢を抱いちゃってたりするらしい。
既存の書籍を電子化するビジネスモデルさえできてしまえば、それこそケータイでも十分本は読めるが、できていなければ端末があっても仕方がない。
この時期に敢えてどう考えても「オンリーワン商品」でも何でもないiPadやその対抗商品の物真似としか思えないブツを出して来るということは、ある程度出版社と話がついてはいるのかも知れない。
が、これが文庫本や新書より手軽に読書する手段になりうるとは到底考えられず、ガラパゴス化云々以前の段階で残念なことになるのではないかとついつい余計な心配のひとつもしたくなるのは僕だけではあるまい。
[PR]
by solcov | 2010-09-28 01:34 | その他娯楽 | Trackback | Comments(0)

最新のコメント

> Naturalさん ..
by solcov at 23:19
> Naturalさん ..
by solcov at 22:58
^^ おひさしぶりです..
by Natural at 10:33
諸般の事情で最近アクセス..
by solcov at 18:50
ありがとうございます。 ..
by solcov at 09:32
solcovさん ^^ ..
by Natural at 16:27
いやもう、毎度毎度お久し..
by solcov at 21:49
solcovさん  ^^..
by Natural at 10:25
そうですね〜、確かに少女..
by solcov at 00:41
いやいやKARAを語って..
by Natural at 19:42

最新のトラックバック

ワンダーガールズ 最新情..
from これ好き! KoreaFan
2NE1 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
KARA 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
久々の更新、そして久々の..
from 音楽のある風景
日本デビューする韓国オサ..
from nonsense
ネット自殺予告、救った命..
from スーパーサイヤ人
それでも生きてはいるけれど
from web備忘録
君がいなくても地球は回る..
from web備忘録
SAMSUNGが熱い!
from 愛とは理由を言えないもの・・・
「韓国ドラマ」のトラック..
from 韓国ドラマ

タグ

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
音楽

画像一覧