毎日一つずつ楽しいことを見つけて幸せに暮らす実験・・・のはずが現在K-POP+韓国ドラマ偏重中


by solcov

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(K-POP)
音楽(その他)
映画
文芸

テレビ
韓国ドラマ
マンガ
生活
仕事
NBA
時事
アニメ
新大久保
DVD

その他娯楽
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
more...

フォロー中のブログ

ええねん日記
良い子の学習帳
@@猟奇的な映画情報局@@
rencia`s ...
サランヘヨ 韓国ドラマ
クニャン カジャ~♪
小春日和
人生メジャー化計画
さらんへ~
TURTLE STYLE
三番目の住人
ひとり言。
愛とは理由を言えないもの・・・
Natural
http://smaps...
ORANGE Note~...
まきもきや
韓国ドラマ Inform...
ソウルに住む日本人主婦の...
亜州的日日 [Asian...
韓☆スタ
シム家の食卓@完全クローズ
つれづれk-pop日誌
『大長今』ストーリーガイ...
尼雄の音楽日記 ー道は星...
if you see h...
web備忘録
KAORI'S ROOM
seefall 終わらない物語
あるびん・いむのピリ日記
hoop NBA fro...
JUSAWI
野宮真貴のおしゃれブログ
酸いも甘いも☆ 釜山大スキ!
韓国人、嫌韓を見る
羅鰤威韓国留学日記
かおり★おかき『エル・カ...
aj・staff's blog
FREEBIRD WEB...

ブログパーツ

タグ:田舎 ( 7 ) タグの人気記事

広島弁のSiriと言葉の世界の奥深さ

子供の頃から慣れ親しんだ言葉とは別の言葉を使って生活しなければならない人は、一体世界にどれくらいいるのだろうか。外国で生活する人は当然として、地方出身者もそこには含まれる。
僕は広島出身なのだが、方言の中には標準語に置き換えられない言葉が往々にして存在し、結果的に自分の感情を表現できないということが起こる。
例えば、広島弁の「たいぎいけえ今日ははあしまいにしょうやあ」という文章を半ば無理やり標準語に翻訳すると「疲れたから今日はもう終わりにしようよ」となるのだが、元の広島弁での言い方に込められた感情は半分くらい無くなってしまう。「たいぎい」は「疲れた」でもあるし、「面倒くさい」でもあるし、「気が進まない」でもある。そして、文末の「しょうやあ」というのも標準語の「○○しよう」という表現よりも若干弱めの言い方だ。
そういったことを踏まえて先ほどの原文を、発話に至るまでの感情に則してより正確に訳すとすれば、
「もうちょっとやってやれないこともないが一応は疲れてもいるし、わざわざ今日どうしてもやらなければならないというほどの重要性も感じられないので、今日はもう終わりにしたいと切に願うところであるが、そこはそれあなたが同意してくれないと止めるに止められないので是非とも同意していただきたい」
くらいの表現が妥当と思われる(ちなみに、「疲れたから今日はもう終わりにしようよ」に近い広島弁は恐らく「しんどいけえ今日ははあしまいにしょうで」だろうと思われる)。

逆に、生まれた時から標準語を話し続けている人たちの言葉のニュアンスを正しく理解できていないということも恐らくあるはずだ。

そういったことをつらつら考えてみると、外国語の翻訳というのは非常に難しいと思う。二つの異なる言語で、単語一つ一つが全て一対一対応するなどということはまず考えられないし、シンプルな文章であってもそこに込められた感情を正しく読み取るのは至難の業だろうと思う。

下のムービーはAppleがiOS6を発表したWWDCのオープニングを広島弁で吹き替えたものだが、僕はこちらの方が標準語による吹き替えよりもすっと頭に入って来てしまうのである。

言葉というのはつくづく難しいものだと思う。

しかし、僕が子供の頃の時点で既に死語に近かった「がんす」という言葉がティム・クックの口から出た時にはさすがに吹いた。
[PR]
by solcov | 2012-09-19 00:20 | 生活 | Trackback | Comments(0)

祖留誇負家の猫2007

1年ぶりの実家には、新たな人間模様と猫模様が展開されていた。

a0018010_22234838.jpg一時は新世代リーダーと目されていたチャフジはその座を追われ、既に祖留誇負家を去っていた。その代わりに実権を握りつつあるのが暴帝チビの息子であるタッキー改めタキであったが、どこかの国同様、2代目・3代目はとかく暢気でお人好しになりがちなもので、リーダーとしての資質の有無を疑問視されているようだった。
昨年solcov相手に流血事件を起こしたとは思えないほど穏やかで大人しい猫になってしまっているのを見ると、正直複雑な気分である。


a0018010_22242738.jpgその一方で、昨秋あたりから祖留誇負家猫帝国に移民して来たロクという雌猫が徐々にその存在感を強めており、フジとミケの血筋から構成される猫帝国に新たな血統が加わるかと期待を集めていた。だが、近年狸と並んで人家への侵入が問題視されている凶暴な狐の手にかかり、彼女の子供たちは全て狐の子供を養う糧とされたようである。


a0018010_22285855.jpg現在祖留誇負家にいる子猫はミケ5世が生んだ子猫(名前はまだない)のみなのだが、最近この子猫の動向を観察していて、一つ面白い事実が発見された。通常、子猫は母猫が常に寄り添うようにして面倒を見ているものだが、時折子猫の姿が見えないのにミケ5世だけが昼寝を決め込んでいることがあるのだ。その間、雄を含む5匹の猫が交代で子守をしているのである。無論、暴帝チビも例外ではなく、妙にぐったりした様子で子猫にじゃれつかれている姿を祖留誇負母が何度か目撃している。


この先は暴帝チビの強い希望により、表面上隠させていただいた
[PR]
by solcov | 2007-08-20 22:45 | | Trackback | Comments(4)

帰省(5)~飼い猫に手を噛まれる。

屋内に侵入したタッキーを捕らえようとして返り討ちにあった話は既に書いたが、その時は服や畳に血を付けまいという、持ち前の貧乏根性が発揮されたせいで、傷そのものがどうなっているのか余りちゃんと見ていなかった。
とりあえず傷口を洗って、消毒して、絆創膏を貼って、その後はほったらかしである。

左右の掌に一箇所づつひっかき傷、右手首と左親指に噛まれた傷、左前腕部に軽いひっかき傷。
まあ、大した傷ではない。

ただ、左親指だけがもの凄く痛かった。触っただけでかなり痛みがあり、翌々日まで絆創膏も貼り替えられなかったほどだ。
丁度爪の辺りを噛まれたので、指の腹にちょっと深めの穴が空いてはいたが、そこまで痛みがあるのがちょっと不思議ではあったのだが・・・。

二日後、絆創膏を貼り替えようとしてふと不思議なことに気づいた。
指の腹の側に血がたっぷり付着しているのは当然としても、絆創膏の粘着部分、つまり爪の側にもかなり目立つ血痕が残っていたのである。
「あれ?貼る前によく洗って拭いたつもりだったけど、血が残ってたのかな?」
そのときはその程度にしか思わなかった。

そして昨日、また絆創膏を貼り替えていて、爪の脇に血がこびりついているのを見つけた。
さらによ~く見ると、爪の真ん中あたりにも乾いた血がこびりついている。

え?
まさか・・・。

この先ちょっと気持ち悪い話。
[PR]
by solcov | 2006-08-20 22:22 | | Trackback | Comments(6)

帰省(4)~花と草と木

a0018010_1234383.jpg僕は元来余り自然の事物に余り興味がない。
小学校の頃の通知票に、「もっと自然の草花などにに興味を持ちましょう」なんて書かれたことがあるくらいだ。

草なんてほっとけばいくらでも生えて来るし、木には何だか痒い虫がいたりして嫌だ。山は生まれた時から目の前にあったし、川も魚もほっとけばうちの前を適当に流れて行く。
草の名前は知らなくても、どの草に触れば手が切れるかは知ってるし、そういう時どんな葉っぱで血止めをすればいいかも知ってる。
なんでそんなものにいちいち興味を持たなきゃいけないんだろう。
そんなことをしてる暇があったら、怪獣の名前を覚えるよ。

幼い頃の僕は、そんなようなことを日々考えて暮らしていた訳である。
今でも花の写真を撮るのは好きだが、花の名前はとんと知らない。教えてもらってもデンドロビウムだのシンビジウムだの、ややこしいカタカナの名前は片っ端から忘れてしまう。

母が庭先にやたらと鉢植えを並べるのもいまいち何が面白いのかよくわからなかった。
いちいち手間をかけなくたって、似たような花はいっぱいその辺にあるじゃん。

が、ここ10年ばかり、母が蘭の栽培に凝るようになってその考えが変わって来た。
本来、うちの実家のような寒いところ(車で20分くらいのところにスキー場がある)、に蘭は生えない。手間暇かけて初めて花が咲く。

本来あるはずのない場所に咲く花。
勝手に生えて来る植物とは別に、人間の意志が咲かせた花である。
これは人間の勝利と呼ぶべきではないのか。
そう思うと、母の作った蘭がとても美しいものに見え始めた。

・・・やっぱり僕は「自然」よりも人が作ったものの方が好きらしい。
[PR]
by solcov | 2006-08-19 12:56 | 生活 | Trackback | Comments(8)

帰省(3)~8月15日

8月15日、小泉首相の靖国参拝。

僕は実家でこのニュースを知った。

首相が靖国神社を参拝するということ自体については、今はとりあえず措いておこう。

びっくりしたのはインタビューに対する小泉の答えだ。
「どうせ文句を言われるんだからいつ行っても同じ」

長年田舎で教師をしていた父がそれを聞いてぽつりと言った。
「中学生の言い訳みたいだな」

中学生かどうかはともかく、確かに政治家の言うことじゃないよ、これは。

結局、こういう言い方しかできないということは、小泉自身「靖国問題」に対する明確な信念を持っていないんじゃないかとつくづく思った。
本当に信念を持って行動しているのなら、中国・韓国から抗議が来た時点で、相手を堂々と論破して然るべきだ。相手がおかしい、なんていうのは逃げにしかならない。

小泉も当然知っているはずだが、諸外国から見た靖国神社は、戦没者の慰霊施設などではなく、戦意高揚のために造られた宗教施設なのだ。

戦争中は間違いなくそういう位置づけだった訳だし、「カミカゼ」などという現在の「自爆テロ」に相当する常軌を逸した戦法を産んだ、異常な精神状態と結びついて認識されているとしても不思議ではないだろう(遊就館に何が展示されているかを知ったら、中国・韓国および東南アジア諸国の人々だけでなく多くのアメリカ人、特に真珠湾攻撃で亡くなった人の遺族も怒るはずだ)。

極東の小国が無謀な戦争を始め、悲惨な状態で敗戦した。
表面上は民主国家になっているが、未だに戦争を始めた人間を崇め、当時の戦果を誇らしげに展示している。敗戦の恨み、東京裁判の恨みを忘れず、復讐の機会を伺っている連中がきっといるに違いない。どうやら小泉という男はその代表格だ。日本人というのはいつも表面だけ慇懃で腹の底では何を考えているのかわからないところがあるから、プレスリーの物真似で間抜けなふりを見せていても安心はできないぞ。

そういう誤解が生じる可能性は十分にあるし、実際中国・韓国の反応を見ているとそう思われている節が多々ある。

この誤解を解かない限り、「未来志向」などという発想は全く意味を成さない。将来の話に目を向けさせて、腹を探られないようにしているとか何とか曲解されるのがオチだ。

多分、今回の開き直りで、その誤解は更に深まったのではないかと思う。


・・・もしかすると小泉さん色んなしがらみの中で身動きが取れなくなっているだけで、内心では自らの行動に正当性がないと思っているのかも知れないけど。

ちょっと不愉快な話になってしまったので、暴帝チビの寝姿で和んで下さい(笑)。a0018010_151703.jpg
[PR]
by solcov | 2006-08-18 15:21 | 時事 | Trackback | Comments(6)

帰省(2)~猫の帝国

a0018010_22222946.jpgうちの猫どもである。

暴帝チビは人間でいうと既に老境にさしかかっているはずなのだが、相変わらず抗争の日々を送っているらしい。耳は更にギザギザに欠けてしまい、鼻先はしょっちゅう怪我をしているせいで、傷跡が消えなくなっていた。

去年の時点で、次世代リーダー確定と言われていたチャフジが比較的大人しい性格だったので、血まみれの猫が座敷で寝ているというようなことは今後減ると思われたのだが、事態は思わぬ方向に推移していた。

チビの息子タッキーが徐々に頭角を現して来ていたのである。
ここまで祖留誇負家の猫はフジ・ミケ・クロ・チビ・ゲン、といった適当な名前しか与えられていなかったのだが、なぜかこいつだけはタッキーという名前になっていた。
なぜタッキーなのかは、祖留誇負母の単なる思いつきとしか言いようがないので、ある意味これも適当と言えば適当な名前ではある。

僕が郷里を出発する前夜、このタッキーが家屋内に侵入するという事件が起こった。
チビはことの他タッキーを可愛がっているらしく、チビが家の中からタッキーを呼んだのである。
喜び勇んで洗面所の窓から入ったタッキーであったが、そこには見慣れない人間がいた(solcovである)。

一瞬にしてパニックに陥った彼は、家の中をひとしきり暴れ回り、脱出経路を確保しようとした。
単に入ったところから出ていけば良さそうなものだが、そこはそれ、まだ生まれて間もない猫のことである。もはや正常な判断ができているようには見えなかった。

タッキー本人もさぞや大変だったろうとは思うが、我々人間にとってもそれは容易ならざる状況だった。
何しろ、台所から居間にかけて、手当たり次第に引っかき回してくれるのである。

これではいかん、いずれ障子を突き破るとか、ガラスをたたき割るとか、そういう事故につながるに違いない。僕はそう考えた(いずれも過去に実行した猫がいた)。
何とかつかまえて外に出さなければ。

あるいは、僕自身正常な判断ができていなかったのかも知れない。
まだ子供とはいえ、鋭い牙と爪を持った、半野良の猫である。
図らずも、自分の体の何十分の一しかない小動物に、僕はしたたか痛めつけられることになった。

障子は破れなかったが、気がついてみたら僕の腕と手のひらは血まみれになっていた。

タッキーはやがて祖留誇負母の機転によって無事屋外に出て行くことができたが、僕の怪我は未だに治らない。

・・・チビ、お前父親なんだからちゃんと息子をフォローするとか、助けてやるとかしろよ。
呼ぶだけ呼んどいて、扇風機の前でちゃっかり寝てるっていうのはどういう了見だ。
[PR]
by solcov | 2006-08-17 22:42 | | Trackback | Comments(2)

帰省(1)~『となりのトトロ』を好きになれない理由

a0018010_1110347.jpg田舎に帰ったらちゃんと写真を撮っておこうといつも思うのだが、いざ帰る段になるとついデジカメを忘れてしまって撮れずじまいになることが多い。
今回はデジカメを忘れずに持って行ったので、半ば意地になって130枚余りも撮ってきてしまった。これだけで当分ネタがあるぞ~(笑)。
a0018010_1013943.jpgさて、これが僕の実家である。ほとんど植物に埋もれかかっている。
表側から見ればそうでもないが、裏に回るとこういうありさまなのである。昔はこれほどではなかったが、植物は年々大きくなるし、年老いた両親二人だけではとても手が回らないのだ。

昔、うちの近くに誰も住まなくなった家が何軒かあった。
庭には背の高い雑草が生え茂り、玄関までたどり着くのも容易ではない。床下から笹が生えていて、床と畳を突き破って伸び続けていた。
多分、僕の実家もあと何十年かすると間違いなくそうなってしまうだろう。

植物は、人間の手で管理されている場合のみ安全な存在であり、自然な状態ままだと人間の生活圏など簡単に侵食してしまうものだ。
そして、植物に浸食されずにいるために要する労力は並大抵のものではない。
そういう意味では、山に暮らす農耕民にとって、自然は征服すべき敵だったのではないかと思う。

『となりのトトロ』というアニメは、自然の中で暮らす人間が背負っているしんどい部分や汚い部分をごっそり隠すことで成り立っている。
草の中で遊んでいると、萱であちこち切り傷をこしらえることもあるし、漆のような植物にかぶれることもある。正体不明の虫に刺されて痒くなったり痛くなったりすることは珍しくもないし、藪の中に得体の知れない生物の腐乱死体が転がっていることもあるだろう。田舎暮らしののどかさの裏側には、それに見合うだけのマイナス要因がちゃんとあるのだ。
『となりのトトロ』の世界では、田舎のマイナス要因が存在しているはずの場所にトトロが居座っている。辛さ・怖さ・汚さを全てトトロが吸収し、子供の目に触れないようにしている訳だ。
物語の作り方としては非常に上手いと思うが、隠されているということ自体に僕は不快感を覚える。子供の頃の僕が見てきた、人々の生活の一部が作品の中で「隠すべきもの」として拒否されているのだから、愉快なはずがない。

本来、『となりのトトロ』はハリウッドの映画監督たちが『未知との遭遇』や『コクーン』といった映画で描き出した、「星の向こうに楽園があって、無駄に親切な宇宙人が人間をそこに連れて行ってくれるかも」という安手の夢物語と同程度に毒にも薬にもならないアニメなのだが、僕はどうにも好きになれないでいる。
[PR]
by solcov | 2006-08-17 11:07 | 生活 | Trackback | Comments(4)

最新のコメント

> Naturalさん ..
by solcov at 23:19
> Naturalさん ..
by solcov at 22:58
^^ おひさしぶりです..
by Natural at 10:33
諸般の事情で最近アクセス..
by solcov at 18:50
ありがとうございます。 ..
by solcov at 09:32
solcovさん ^^ ..
by Natural at 16:27
いやもう、毎度毎度お久し..
by solcov at 21:49
solcovさん  ^^..
by Natural at 10:25
そうですね〜、確かに少女..
by solcov at 00:41
いやいやKARAを語って..
by Natural at 19:42

最新のトラックバック

ワンダーガールズ 最新情..
from これ好き! KoreaFan
2NE1 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
KARA 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
久々の更新、そして久々の..
from 音楽のある風景
日本デビューする韓国オサ..
from nonsense
ネット自殺予告、救った命..
from スーパーサイヤ人
それでも生きてはいるけれど
from web備忘録
君がいなくても地球は回る..
from web備忘録
SAMSUNGが熱い!
from 愛とは理由を言えないもの・・・
「韓国ドラマ」のトラック..
from 韓国ドラマ

タグ

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
音楽

画像一覧