毎日一つずつ楽しいことを見つけて幸せに暮らす実験・・・のはずが現在K-POP+韓国ドラマ偏重中


by solcov

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(K-POP)
音楽(その他)
映画
文芸

テレビ
韓国ドラマ
マンガ
生活
仕事
NBA
時事
アニメ
新大久保
DVD

その他娯楽
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
more...

フォロー中のブログ

ええねん日記
良い子の学習帳
@@猟奇的な映画情報局@@
rencia`s ...
サランヘヨ 韓国ドラマ
クニャン カジャ~♪
小春日和
人生メジャー化計画
さらんへ~
TURTLE STYLE
三番目の住人
ひとり言。
愛とは理由を言えないもの・・・
Natural
http://smaps...
ORANGE Note~...
まきもきや
韓国ドラマ Inform...
ソウルに住む日本人主婦の...
亜州的日日 [Asian...
韓☆スタ
シム家の食卓@完全クローズ
つれづれk-pop日誌
『大長今』ストーリーガイ...
尼雄の音楽日記 ー道は星...
if you see h...
web備忘録
KAORI'S ROOM
seefall 終わらない物語
あるびん・いむのピリ日記
hoop NBA fro...
JUSAWI
野宮真貴のおしゃれブログ
酸いも甘いも☆ 釜山大スキ!
韓国人、嫌韓を見る
羅鰤威韓国留学日記
かおり★おかき『エル・カ...
aj・staff's blog
FREEBIRD WEB...

ブログパーツ

タグ:娯楽 ( 10 ) タグの人気記事

Apple Musicとかの定額制音楽配信について意外と語られていない(ような気がする)事柄(1)

世の中にはCDやレコードを買う時にほとんどブレーキがかからない人間というのがいる。
恥ずかしながら、僕もその一人だ。

そういう人間が何十年も買い続けると、大体コレクションは万単位になる。
なぜそんなに大量に買ってしまうのかと問われれば、「聞きたい音楽がたくさんあったから」としか答えようがない。
だが悲しいかな、コレクションの増加と反比例するかのように持ち主の記憶力は加齢とともにどんどん衰えていく。

聞きたいCDがどこにあるのかわからないという程度ならまだいいが、うっかり同じCDを2回買ったとか3回買ったとか、そういうことも増えるである。
僕は比較的頻繁に引っ越しをしているから、何年かに一度大整理をやっているのだが、それでも引っ越す度に記憶に無いCDが必ず一枚や二枚は見つかる。
要は、管理能力が追いつかなくなっているのである。
管理できなければ、何万枚CDを持っていても持っていないのと余り変わらない。

気合の入ったコレクターなら、そういう無意味状態にならないようちゃんと管理方法を工夫しているのかも知れない。だが、それにはやはり多大な労力と時間がかかるだろうし、日々コツコツと続けていなければ「管理されている」といえる状態にはまずならないと思われる。
僕のように、大して何も考えず場当たり的にレコードやらCDやらを買っていたタイプは、どう転んでもいつか管理不能になってしまうのだ。

だが、考えてみると実は世の中全体が僕のような状態になりかけていたとも言えるのではないだろうか。いつどんな音楽が作られ、いつまで販売されたのか。それはどんな人たちが作り、どんな人たちが聞いていたのか。
それらは色々な利害に基いてバラバラに管理され、全体像を掴むのは容易ではない。

そういう管理状態のもと、日々新しいCDが店頭に並ぶ一方で、ついこの間発売されたばかりのCDが目につかないところでどんどん廃盤になって行く。

だから、今買わないと二度と買えない。

その強迫観念から買って買って買いまくってしまった音楽バカは決して少なくはないと思う。
しかし、どう足掻いてみたところで一日は24時間以上にならないわけだし、一日に聞ける枚数には自ずと限りがある。買うだけ買ってそれっきりになってしまうことも当然ある。
その結果が「買った記憶のないCD」とか、「ダブって買ってしまったCD」になってしまうのだ。

だがもし、一度発売されたCDやレコードが半永久的に販売され続けるのであれば、そんな馬鹿げた買い方をする必要はそもそもない。

音楽のデジタル配信は、その「半永久的に販売され続ける」状態をかなりの部分まで実現した。
もうレコード店を何軒も巡回する必要も、CDをまとめ買いする必要もなくなる。

実際、iTunes Storeではかつて廃盤専門店で軽く1万円を超えていたようなアルバムが、1,600円とか1,700円といった値段で売られていることも多い。

そして、今年はいよいよ日本でも定額制の音楽配信サービスが本格的に始まった。
これは言ってみれば、数百万曲に及ぶ膨大なライブラリに自由にアクセスする権利を、月額980円とかで手に入れられるというサービスだ。言い方を変えれば、その料金さえ払えば、自分で見つけて買って来て整理整頓して管理する、という手間がごっそり丸ごと無くなってしまうということだ。

これはまさに音楽バカにとっての天国だ。
と、最初はそう思っていた。

つづく。



林立夫とか今剛とか、80年代フュージョン界の有名どころが集まって作ったAragonというユニットの唯一のアルバム。85年に発売されて割とすぐ廃版になり、現在は中古CDが1万円超えになっている模様(アナログ盤はもっと安い)。
僕は最初カセットで買って、その後アナログの中古盤で買い直し(その頃は1000円とかで買えた)た。5年くらい前、CDも買っておこうと思った時には廃盤で7000円くらいになっていた。
未だに再発されていないし、デジタル配信される様子もない。

[PR]
by solcov | 2015-09-28 01:07 | 音楽(その他) | Trackback | Comments(0)

iPhone6とこれからのApple

a0018010_23415417.jpg

今年のiPhoneは去年に比べると格段に入手が容易だったらしい。
歩留まりの悪さによる供給不足が噂されていたiPhone6 plusは案の定品薄ということだが、iPhone6は近所で普通に販売していて、発売日翌日のチラシに「超大量入荷」などと書いてあった量販店もあるほどだ(何でも、発売から3日で全世界1,000万台超の売上だそうだ)。
僕も昨日近所の量販店で買ってきて触ってみているのだが、実は世の中の盛り上がりとは裏腹に結構がっかりしている。多分、僕以外にもがっかりした人はいるのではないだろうか。

細かくあれこれ言い始めるとキリがないので簡単にまとめてしまうと「Apple、日和ったな」という感じがつきまとうのである。
iPhone5Sと比較すると、「本体が薄く、画面が大きく綺麗になった代わりに、仕上げがちょっと安っぽくなって、ついでに文字入力がやりにくくなった」という印象である。僕はいつもカバーも保護シートも使わないのだが、今回ばかりは余りにも背面が滑りやすいので、滑り止めのシートを貼り付けてしまった。3G以降毎年iPhoneを買い続けて来たが、滑り止めをつけないと操作が不安なiPhoneというのは6が初めてだ(実際、買ったその日のうちに3回落としそうになって、1回本当に落としてしまった)。

恐らく、この後の展開としては来年発売予定のアップルウォッチがiPhoneを補完するという流れになるのだと思うが、それでも「満員電車の中で吊り革につかまりながらでもちょっとした調べ物ができる」というような便利さからは遠のいてしまうだろう。

ちなみに、iPhone6 plusは完全に片手での操作が不可能なサイズで(NBAの選手とかなら片手で扱えるのかも知れないが・・・)、iPhoneというより「電話もできる小型のiPad」と考えた方がしっくり来るような製品なので、片手で使えなくて当たり前という割り切り方ができる。

Appleは昔から製品の扱いやすさを追求して来た企業だ。スティーブ・ジョブズが追い出され、ジョン・スカリーやマイケル・スピンドラーがCEOを務めていた暗黒時代には迷走したものの、旧製品よりも不便になるような要素を残したまま新製品を投入することを避けて来た。良くも悪くも、そういう場合は発売を見送ってファンの不興を買う道を選ぶ会社だったのだ。

ともあれiPhone6はAppleが「機能の向上」と「扱いやすさ」の両立を放棄した初めての製品となった。
うがった見方をすれば、Appleもそういう問題点を承知していたからこそ、予約の必要もないくらいの在庫を投入して、早い段階で売り切ってしまおうとしていたようにも思える。
これからAppleがどういう会社になって行くのか、アップルウォッチが発売される頃にはもう少し見えて来るのかも知れない。

9月25日追記

iOS8にもかなりのバグがあるようで、iTunesとの同期ができないというトラブルが多発しているようだ。
僕もこれに度々悩まされている。
総合的に判断して、やはり歴代最低のiPhoneと断言して差し支えあるまい。
[PR]
by solcov | 2014-09-22 23:48 | その他娯楽 | Trackback | Comments(0)

「青春不敗」写真集+カレンダー

人気ガールズグループからの選抜メンバー7人で構成される「G7」が、毎週農村体験をするという「青春不敗」。KBSワールドで放送中であり、更にKBSワールドのサイトでストリーミングサービスも行われているので、日本にも結構見ている人が多いのではないかと思う。
この間発売された韓国ドラマ通信のK-POP特集でもちょっと書いたのだが、厳しい競争を勝ち抜いて来たであろう韓国女子アイドルたちと、ひたすら地味な作業に耐えることでしか実りを得られない農業とを結びつけたところがこの番組の面白さだと思う。この番組を見ているとアイドルたちの印象が確実に変わると思う。特に、少女時代のサニー、T-araの「屏風」ヒョミン、Secretの「白紙」ソナあたりはこの番組を通じて相当にイメージアップしたのではないだろうか(2期では若干イメージダウンしたメンバーもいるが・・・)。
加えて、この番組のエンディングで使用されるスチール写真が毎回非常に味わい深く、写真集でも出したら売れるだろうに、と思っていたら写真集とカレンダーが本当に出てしまった。
韓国のネット書店YES24のみの限定販売というのが若干面倒だが(日本からの注文は可能)、「青春不敗」を見ている人は買って損のない内容だ。
a0018010_0412860.jpg

ワングさんやロード・イといった、農業のプロたちの写真がもっと入っていれば写真集として深みが出たのではないかとは思うが、それは望みすぎというものだろう。
[PR]
by solcov | 2010-11-29 01:11 | 音楽(K-POP) | Trackback | Comments(0)

ガラパゴスな電子書籍

端末とサービスが“進化”する——シャープが「GALAPAGOS」に込めた意味 (1/2) - ITmedia +D モバイル


以前、日本で電子書籍は無理なんじゃないかとかなんとか書いたことがあると思うが、家電メーカーはまだ何となく夢を抱いちゃってたりするらしい。
既存の書籍を電子化するビジネスモデルさえできてしまえば、それこそケータイでも十分本は読めるが、できていなければ端末があっても仕方がない。
この時期に敢えてどう考えても「オンリーワン商品」でも何でもないiPadやその対抗商品の物真似としか思えないブツを出して来るということは、ある程度出版社と話がついてはいるのかも知れない。
が、これが文庫本や新書より手軽に読書する手段になりうるとは到底考えられず、ガラパゴス化云々以前の段階で残念なことになるのではないかとついつい余計な心配のひとつもしたくなるのは僕だけではあるまい。
[PR]
by solcov | 2010-09-28 01:34 | その他娯楽 | Trackback | Comments(0)

栗本薫の死

ついこの間(でもないが)グインサーガの話を書いたと思っていたら、作者の栗本薫が亡くなったとのこと。
十代の頃から読み続けてきた小説が未完のまま終わるのが確定した訳だ。

早川書房にとってはドル箱だったと思われるので、今後何らかの形で完結まで書き継がれる可能性はあるかも知れない。
が、古今東西原作者の死後に別の作家が書いた続編は面白くないものと相場が決まっている。
特にグインサーガと同一ジャンルであるヒロイックファンタジーでは、R.E.ハワードのコナンシリーズの例もある。

もっとも、僕は物語が必ず綺麗に完結すべきだとは思っていない。
未完というのは「永遠に終わらない」ということでもあるので、それは特段悲しむべきことではないのかも知れない。

栗本薫のご冥福を祈りつつ。
[PR]
by solcov | 2009-05-27 20:00 | 文芸 | Trackback | Comments(0)

ダビング10って何ですか?

ITmedia D LifeStyle:目指すのは「そこそこの世界」か (1/3)

要するに地デジ放送で使われているコピーワンス制限を今後どうして行くのか、とかそういう流れの中で出てきた話らしい。

以前はこの問題にもそこそこ興味があったのだが、いつの間にかそういう問題があることすら忘れていた。
うちには地デジチューナーのついていないブラウン管テレビしかなくて、コピーガードのかかった放送と全く無縁なので、余り深刻な問題でもなかったというのもある。
だがそれ以上に、地上波の放送を録画して残すということが全くないので、正直どうなったっていいんである。

無論、テレビを見ない訳ではない。
どちらかといえばよく見ている方だと思う。単に地上波の放送は録画しないということだ。

新人タレントの学芸会のようなドラマに興味はないし、無駄に騒ぐだけの「解説者」がもれなくついてくるスポーツ中継なんて残してもしょうがない。使い捨ての一発芸で固めたようなバラエティなんて見たいとも思わない(実はついこの間まで「どんだけ~」というのがIKKOのネタであることを知らなかった)。カットされた上にCMでぶつ切りになった映画を録画するくらいなら、レンタルで借りる。

これからどんどん高齢化が進もうかという時、僕くらいの年齢層の視聴者が興味を持たないというのは、もしかすると深刻な問題ではないかと思う。
ギョーカイの人たちが心配しなければならないことは、録画より前の段階にあるんじゃないかと思うのだが・・・。
[PR]
by solcov | 2008-01-15 03:02 | テレビ | Trackback | Comments(0)

機動戦士ガンダムUC

『機動戦士ガンダム』。
銃と盾で武装したそのロボットは暴力的で異様な雰囲気を持ち、見た瞬間に何だか垢抜けない名前とともに記憶に刻み込まれるような存在感があった。ロボットを暴力の象徴である兵器として描いていることが当時の僕たちには新鮮だったし、独特のまだるっこしい台詞回しもツボにはまった。体育の授業の跳び箱や幅跳びの時、「行きまぁーす!」と叫んでから駆け出すバカは一人や二人ではなかった。

その後作られた「柳の下のガンダム」には余り興味も無かったが、とりあえず「ガンダム」という名前をつけておけばオリジナルとは全然関係ないロボットアニメもそこそこ売れる仕掛けになっていることだけは何となく知っていて、僕たちが10代の頃熱狂した「ガンダム」は今やブランドネームになっているのだろうなと漠然と感じていた。
「柳の下のガンダム」にもたくさんファンはいるらしいし、その時その時の10代が熱狂できればそれでいいんじゃないかと思いはするのだが、正直なところ、心の片隅には「あのガンダム」を懐かしむ気持ちもあった。

『亡国のイージス』で知られる福井晴敏がガンダムの小説を書くと知った時は、嬉しいような嬉しくないような複雑な気分だった。とうとうオヤジ向けガンダムが作られる日が来てしまったか、と(笑)。
『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の帯にはこんなことが書かれていた。
「生き延びることはできた。君は今、何を成すのか」
とうとうそんなとこまで歳を取ったんだなあ、と妙にしみじみしてしまったのだった。
[PR]
by solcov | 2007-10-06 18:28 | | Trackback | Comments(2)

PS3

ITmedia D Games:これまでより、これからの10年のほうが刺激的――久夛良木氏基調講演

なんかね~。
この手の話を聞くと、どうにも本末転倒な感じがしてしまう。
もの凄く広い公園を作ってあげるから、みんなで有効活用してね。今までの公園よりずっと広いから、ずっと楽しく遊べるよ。
え?こんなただっぴろい公園で何して遊ぶのかって?それはきっと誰かが思いついてくれるよ。
あ、公園の使用料はちょっと高いけどこれだけ広いんだから当然だよね。
ダメ?高すぎる?
しょうがないなあ、ちょっと値下げするよ。おまけにベンチもちょっと多めにつけちゃおう。

そんな感じである。

・・・ソニーってどこまでダメになって行くんだろう。
[PR]
by solcov | 2006-09-24 03:36 | Trackback | Comments(2)

シティボーイズミックス PRESENTS 『マンドラゴラの降る沼』

a0018010_231293.jpg20世紀の終わり頃から今日に至るまで、僕にとっての最重要年中行事であるシティボーイズライブ。
去年の5月にも書いたが、彼らの公演を見損ねた年は必ず僕の身に悪いことが起こるので、これはもう何を差し置いても見なければならないのである。

ここ何年か、会場は天王洲アイルのアートスフィアが定着していたのだが、今回の会場は何と池上本門寺境内の特設テントだ。

幸い、かなりいい席が取れた。

ああ、これで今年も大丈夫だ、しかもお寺が会場なんだからきっといいことがあるに違いない。

そんな根拠があるんだかないんだかよくわからないことを考えつつ、僕は地下鉄浅草線西馬込駅から池上本門寺を目指したのである。

が。

駅からの道のりがえらく遠い(実は裏から入ればそう遠くなかったのだが、そんな道があるとは知らなかった)。しかも今日は午前中から午後にかけて法事があったため、喪服を入れた大きな荷物も持っている。加えてしとしとと降り続くマンドラゴラならぬ小糠雨。

やっと本門寺の山門についたと思ったら目の前には長~い石段が。アイゴー

どうにか特設テントに辿り着き、あとは開演を待つばかり。
今回の公演は、池上本門寺の「イキイキ推進委員会」というところが協賛になっていて、開演前に委員長であるお坊さんの挨拶があった。この人の話がまた面白くて、結構ウケていた。

「駅からの長い坂道や、石段を上りながら皆さんはいつもとは違う景色を見て、違う瞬間を感じたと思います」
そんなもん、見てもいなければ感じてもいなかった。
とにかく「本門寺の入り口はどこだ~、俺は道に迷ってるんじゃないのかぁ~!」と、目的地にたどり着くことばかりを気にしていた。
大体、全席指定なんだし、ゆっくり新緑を愛でながら休み休み歩いたって良かったのだ。

世にも珍しい僧侶による「前説」は更に続く。

日蓮宗というのは、西方浄土ではなくこの娑婆を浄土とすることを目指した宗教であること。
そのためには、「生きていて良かった」と感じられる瞬間を増やしていかなければならないこと。
正確には覚えていないが、まあこんな感じの話だった。笑いを取りつつ、余り抹香臭くならない程度に日蓮宗の考え方を伝えてくれた訳だ。

そして舞台の幕が開いた。
5人の男たちが、崖から落下しようとする瞬間の自分たちの姿を眺めて、地上に叩きつけれられるまでの一瞬で何とか助かる方法はないか議論しているというシュールな光景がそこにあった。

やられた。

観客は否応なく、「一瞬の長さ」というものを意識しながら舞台を見ることになる。
会場のロケーションも冒頭の挨拶も、全て今回の舞台の仕掛けになっていたのである。
それから散々笑って、最後にはちょっと胸がじーんとしたりしてしまう。

大竹まこと・きたろう・斉木しげる・いとうせいこう・中村有志・銀粉蝶。
みんないい歳だ。一番若いいとうせいこうでさえ45歳だ。
彼らが超ハイテンションで笑いを取り、時には体を張ったギャグを見せる。
洒落でも何でもなく、来年はどうなるかわからない。
そんな人々の作り出した「一瞬」の濃密さを感じた2時間だった。

5月にはWOWOWで放送されるし、秋頃にはDVDも出ると思うので、今回の公演を見られなかった人は是非。
[PR]
by solcov | 2006-04-23 23:53 | その他娯楽 | Trackback | Comments(4)

CubeWorld

a0018010_1146017.jpg去年くらいから話題になっているCubeWorldをさんざん迷った末に買ってしまった(笑)。

これがどういうブツであるかについては、ういう解説記事もあるが、こちらのムービーを見てもらった方がわかりやすいだろう。

まあ、そんなもんです。はい(笑)。

大の大人が何を・・・と言われれば返す言葉もないが、結構面白いっすよ、これ。

ちなみに日本でもバンダイがライセンス品を発売したが、こちらは色が白・グレー・ダークグレー・黒。
カラフルな方がいいと思うんだけどなあ、こういうものは。

ちなみに、アメリカ版はこちらで購入可能。2個セットでアメリカ版が$29.99、日本版が4,410円なので、送料込みでも余り出費額は変わらないと思ってアメリカ版にしたが、考えてみたら日本版も定価で販売する訳じゃないんだよなあ・・・。

まあいいか。
[PR]
by solcov | 2006-03-25 12:06 | その他娯楽 | Trackback | Comments(4)

最新のコメント

> Naturalさん ..
by solcov at 23:19
> Naturalさん ..
by solcov at 22:58
^^ おひさしぶりです..
by Natural at 10:33
諸般の事情で最近アクセス..
by solcov at 18:50
ありがとうございます。 ..
by solcov at 09:32
solcovさん ^^ ..
by Natural at 16:27
いやもう、毎度毎度お久し..
by solcov at 21:49
solcovさん  ^^..
by Natural at 10:25
そうですね〜、確かに少女..
by solcov at 00:41
いやいやKARAを語って..
by Natural at 19:42

最新のトラックバック

ワンダーガールズ 最新情..
from これ好き! KoreaFan
2NE1 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
KARA 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
久々の更新、そして久々の..
from 音楽のある風景
日本デビューする韓国オサ..
from nonsense
ネット自殺予告、救った命..
from スーパーサイヤ人
それでも生きてはいるけれど
from web備忘録
君がいなくても地球は回る..
from web備忘録
SAMSUNGが熱い!
from 愛とは理由を言えないもの・・・
「韓国ドラマ」のトラック..
from 韓国ドラマ

タグ

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
音楽

画像一覧