毎日一つずつ楽しいことを見つけて幸せに暮らす実験・・・のはずが現在K-POP+韓国ドラマ偏重中


by solcov

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(K-POP)
音楽(その他)
映画
文芸

テレビ
韓国ドラマ
マンガ
生活
仕事
NBA
時事
アニメ
新大久保
DVD

その他娯楽
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
more...

フォロー中のブログ

ええねん日記
良い子の学習帳
@@猟奇的な映画情報局@@
rencia`s ...
サランヘヨ 韓国ドラマ
クニャン カジャ~♪
小春日和
人生メジャー化計画
さらんへ~
TURTLE STYLE
三番目の住人
ひとり言。
愛とは理由を言えないもの・・・
Natural
http://smaps...
ORANGE Note~...
まきもきや
韓国ドラマ Inform...
ソウルに住む日本人主婦の...
亜州的日日 [Asian...
韓☆スタ
シム家の食卓@完全クローズ
つれづれk-pop日誌
『大長今』ストーリーガイ...
尼雄の音楽日記 ー道は星...
if you see h...
web備忘録
KAORI'S ROOM
seefall 終わらない物語
あるびん・いむのピリ日記
hoop NBA fro...
JUSAWI
野宮真貴のおしゃれブログ
酸いも甘いも☆ 釜山大スキ!
韓国人、嫌韓を見る
羅鰤威韓国留学日記
かおり★おかき『エル・カ...
aj・staff's blog
FREEBIRD WEB...

ブログパーツ

タグ:アニメ ( 6 ) タグの人気記事

行き止まりの009 RE:Cyborg

『サイボーグ009』という漫画に何らかの思い入れのある中高年層は決して少なくないと思う。

「自らを作り出した悪の組織と戦う」という、後の仮面ライダーなどに引き継がれるヒーロー像の原型となる作品だったこと。
「横暴な造り主に抵抗する」という設定が、その究極の形である「神との闘い」へと発展したところで中断されたこと。
そして、作者の死によって神との戦いの結末はついに描かれないまま未完の作品となったこと。
それらの要素が当時少年だったファンにとっての『サイボーグ009』を特別なマンガにした。

この世界が全ての人間にとって理想的なものではないように、人間もまた造物主にとって理想的な存在ではないのかも知れない。自分たちは失敗作であり、消滅すべき存在なのかも知れない。
今では珍しくもないテーマだが、1970年代の少年たちにとってこの発想は衝撃的だった。
そして、相手が造物主であろうが神であろうが、人間の存在を脅かすものとは断固として戦おうと009たちが決意するところで「天使編」は中断されている。
僕もまだ小学生の頃に『サイボーグ009』を読み、中断した「天使編」が再開される日を心待ちにしていたものだ。

『サイボーグ009』のシリーズ自体はその後も描き継がれ、劇場版を含めて3度アニメ化もされたが、直接「天使編」から繋がるストーリーが描かれることはなかったのである。

この映画は、そういった経緯を踏まえつつ、いわば「もう一つの天使編」として作られたもののようだ。

「終わらせなければ、始まらない」
それがこの映画のキャッチフレーズだ。だが、この内容で「天使編」が終わり得るのなら、石ノ森章太郎はもっと早い時期に完結させていただろう。
これは長年の009ファンとして断言できる。

僕にはこの映画が、石ノ森章太郎が「天使編」を中断する際に排除した選択肢を拾って映像化したもののように見える。
それはそれで面白いとは思うのだが、009でやらないで欲しかったというのが正直なところだ。石ノ森章太郎がこの選択肢を捨てたのは、その先に行き止まりしか無かったからだろうと思う。


なお、石ノ森章太郎の死後、実子である小野寺丈が遺稿やメモを元に、『サイボーグ009完結編 Conclusion GOD’S WAR』を発表し、いささか変則的な形ではあったがやっと「天使編」は完結した。
そういう意味でも、『009 RE:Cyborg』はいささか微妙過ぎる作品になってしまっている。
[PR]
by solcov | 2012-11-06 00:05 | 映画 | Trackback | Comments(0)

リメイク版宇宙戦艦ヤマト

僕くらいの世代だと、それが肯定的なものであれ、否定的なものであれ、「ヤマト」に対して何かしら思うところのある人が多いだろうと思う。
僕は小学生の頃に初めて見ていっぺんにファンになり、その後に続く続編にも延々付き合って来たクチだ。
だが、結局本当に心の底から好きだったのは一番最初の「宇宙戦艦ヤマト」だけで、その後に続く続編にはいつもどこか食い足りなさが残っていたものだ。
多分それは、一度完結した物語を無理やり引き伸ばしていることが見る側にも伝わってしまっていたからだと思う。いわば、「さらば宇宙戦艦ヤマト」以後はヤマトがゾンビ化した姿を見せられているようなものだった。それでも未だにファンがいるというのは、それだけ最初のヤマトのインパクトが強烈だったということだろう。

そして近年になってにわかにヤマトが復活してきた。最初はアニメの「復活篇」、そしてキムタク主演の実写映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」。
ゾンビ化したヤマトを一旦は葬ったものの、せめてもう少し質の良いゾンビとして蘇らせてやれば良かったという悔悟の念が強く感じられた「復活篇」。
オリジナルではほとんど類型化されたお飾りキャラだった森雪を物語の中心に据え、全く別の角度から「ヤマト」の物語を捉え直した「SPACE BATTLESHIP ヤマト」。
どちらも僕は楽しめたのだが、世間の評判はそうでもなかったようだ。

更に今年はオリジナル版のリメイクである「宇宙戦艦ヤマト2199」が登場した。
今やいいオヤジになったファンたちが脳内補完し続けていたであろう、当時のアニメ技術では描けなかった部分を、このリメイク版は徹底的に描いている。

正直、「ヤマト」が今の時代に受け入れられるものなのかどうか、僕には今一つわからない。
それでも、十代の僕の脳内にあったもののかなりの部分が現実の映像として目の前に現れる感動というのはちょっと得難い経験だったし、連鎖的に当時の根拠薄弱な前向きな気分といったものも思い出すことができた。
それはやはり価値のあることだと思う。

ともあれ、アメリカ以上に日本のコンテンツ不足・企画不足が深刻な状態になりつつあることだけは確かなようだ。
[PR]
by solcov | 2012-04-08 23:56 | アニメ | Trackback | Comments(4)

サマーウォーズ

去年、見よう見ようと思っているうちに引っ越しやらなにやらで公開が終わってしまっていた『サマーウォーズ』。やっとDVDで見た。
監督の細田守という人は、原作を大胆にアレンジしたアニメ版『時をかける少女』で初めて知ったのだが、面白い映画を作る人だと思う。この映画もたまらなく面白かった。僕はアニメ専門声優の妙な喋り方が嫌いなのだが、この作品は主要な役どころを普通の俳優にやらせているのも良かった(最近はジブリのアニメなんかもそうだが)。
同時に、こういう題材を実写でやれないのが日本映画界のダメさなんじゃないかとも思う。多分、仮想世界のデザインも含めて実写の質感を持った映画にしていたら、怖い部分はより怖く、泣ける部分はより泣ける映画になったような気がする。

[PR]
by solcov | 2010-05-04 01:12 | アニメ | Trackback | Comments(2)

グインサーガ

中学を卒業する頃だったか、高校に入ったばかりの頃だったか、田舎の小さな書店で偶然手に取った『豹頭の仮面』と題された1冊の文庫本。タイトルの下の方に小さく「グインサーガ1」と書いてあった。
それを買った時は、まさかこれが100冊を大幅に超えるシリーズになるとも、自分がこの歳まで読み続けることになるとも思っていなかった。現在126巻まで刊行されていて、その他に「外伝」が20冊ちょっとある。

どういう背景があってのことか知らないが、この大河ヒロイックファンタジーがNHKでアニメ化されてしまった。
第一話を見たが、正直どの程度原作に忠実だったのかよくわからない。
何度かの引っ越しを経て、1巻のあたりはどこにしまったのかさっぱりわからないし、そもそも一度たりとも読み返したことがないので、どう考えても最初の方の話を正確に覚えているとは思えない。この先も過去の刊行分を読み返すことは物理的に無理だろう。
ただ、日々の生活の中にこういう延々と続く物語が存在したのはいいことだったと思う。

アニメがどの辺までフォローするのかわからないが、多分途中のキリのいいあたりで終わるだろう。
このアニメをきっかけに、原作に手を出す人が増えてくれればいいとは思うが、今から読み始めて合計150冊弱というのは・・・。
僕だったらその数字だけで萎える(笑)。
現時点で350巻を超えてるペリー・ローダンシリーズよりはマシだろうけどね。

「待望のアニメ化」なんて言われても、別に原作のファンはアニメ版なんて待ってはいなかったと思うが・・・。
[PR]
by solcov | 2009-04-06 01:27 | アニメ | Trackback | Comments(0)

機動戦士ガンダムUC

『機動戦士ガンダム』。
銃と盾で武装したそのロボットは暴力的で異様な雰囲気を持ち、見た瞬間に何だか垢抜けない名前とともに記憶に刻み込まれるような存在感があった。ロボットを暴力の象徴である兵器として描いていることが当時の僕たちには新鮮だったし、独特のまだるっこしい台詞回しもツボにはまった。体育の授業の跳び箱や幅跳びの時、「行きまぁーす!」と叫んでから駆け出すバカは一人や二人ではなかった。

その後作られた「柳の下のガンダム」には余り興味も無かったが、とりあえず「ガンダム」という名前をつけておけばオリジナルとは全然関係ないロボットアニメもそこそこ売れる仕掛けになっていることだけは何となく知っていて、僕たちが10代の頃熱狂した「ガンダム」は今やブランドネームになっているのだろうなと漠然と感じていた。
「柳の下のガンダム」にもたくさんファンはいるらしいし、その時その時の10代が熱狂できればそれでいいんじゃないかと思いはするのだが、正直なところ、心の片隅には「あのガンダム」を懐かしむ気持ちもあった。

『亡国のイージス』で知られる福井晴敏がガンダムの小説を書くと知った時は、嬉しいような嬉しくないような複雑な気分だった。とうとうオヤジ向けガンダムが作られる日が来てしまったか、と(笑)。
『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の帯にはこんなことが書かれていた。
「生き延びることはできた。君は今、何を成すのか」
とうとうそんなとこまで歳を取ったんだなあ、と妙にしみじみしてしまったのだった。
[PR]
by solcov | 2007-10-06 18:28 | | Trackback | Comments(2)

帰省(1)~『となりのトトロ』を好きになれない理由

a0018010_1110347.jpg田舎に帰ったらちゃんと写真を撮っておこうといつも思うのだが、いざ帰る段になるとついデジカメを忘れてしまって撮れずじまいになることが多い。
今回はデジカメを忘れずに持って行ったので、半ば意地になって130枚余りも撮ってきてしまった。これだけで当分ネタがあるぞ~(笑)。
a0018010_1013943.jpgさて、これが僕の実家である。ほとんど植物に埋もれかかっている。
表側から見ればそうでもないが、裏に回るとこういうありさまなのである。昔はこれほどではなかったが、植物は年々大きくなるし、年老いた両親二人だけではとても手が回らないのだ。

昔、うちの近くに誰も住まなくなった家が何軒かあった。
庭には背の高い雑草が生え茂り、玄関までたどり着くのも容易ではない。床下から笹が生えていて、床と畳を突き破って伸び続けていた。
多分、僕の実家もあと何十年かすると間違いなくそうなってしまうだろう。

植物は、人間の手で管理されている場合のみ安全な存在であり、自然な状態ままだと人間の生活圏など簡単に侵食してしまうものだ。
そして、植物に浸食されずにいるために要する労力は並大抵のものではない。
そういう意味では、山に暮らす農耕民にとって、自然は征服すべき敵だったのではないかと思う。

『となりのトトロ』というアニメは、自然の中で暮らす人間が背負っているしんどい部分や汚い部分をごっそり隠すことで成り立っている。
草の中で遊んでいると、萱であちこち切り傷をこしらえることもあるし、漆のような植物にかぶれることもある。正体不明の虫に刺されて痒くなったり痛くなったりすることは珍しくもないし、藪の中に得体の知れない生物の腐乱死体が転がっていることもあるだろう。田舎暮らしののどかさの裏側には、それに見合うだけのマイナス要因がちゃんとあるのだ。
『となりのトトロ』の世界では、田舎のマイナス要因が存在しているはずの場所にトトロが居座っている。辛さ・怖さ・汚さを全てトトロが吸収し、子供の目に触れないようにしている訳だ。
物語の作り方としては非常に上手いと思うが、隠されているということ自体に僕は不快感を覚える。子供の頃の僕が見てきた、人々の生活の一部が作品の中で「隠すべきもの」として拒否されているのだから、愉快なはずがない。

本来、『となりのトトロ』はハリウッドの映画監督たちが『未知との遭遇』や『コクーン』といった映画で描き出した、「星の向こうに楽園があって、無駄に親切な宇宙人が人間をそこに連れて行ってくれるかも」という安手の夢物語と同程度に毒にも薬にもならないアニメなのだが、僕はどうにも好きになれないでいる。
[PR]
by solcov | 2006-08-17 11:07 | 生活 | Trackback | Comments(4)

最新のコメント

> Naturalさん ..
by solcov at 23:19
> Naturalさん ..
by solcov at 22:58
^^ おひさしぶりです..
by Natural at 10:33
諸般の事情で最近アクセス..
by solcov at 18:50
ありがとうございます。 ..
by solcov at 09:32
solcovさん ^^ ..
by Natural at 16:27
いやもう、毎度毎度お久し..
by solcov at 21:49
solcovさん  ^^..
by Natural at 10:25
そうですね〜、確かに少女..
by solcov at 00:41
いやいやKARAを語って..
by Natural at 19:42

最新のトラックバック

ワンダーガールズ 最新情..
from これ好き! KoreaFan
2NE1 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
KARA 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
久々の更新、そして久々の..
from 音楽のある風景
日本デビューする韓国オサ..
from nonsense
ネット自殺予告、救った命..
from スーパーサイヤ人
それでも生きてはいるけれど
from web備忘録
君がいなくても地球は回る..
from web備忘録
SAMSUNGが熱い!
from 愛とは理由を言えないもの・・・
「韓国ドラマ」のトラック..
from 韓国ドラマ

タグ

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
音楽

画像一覧