毎日一つずつ楽しいことを見つけて幸せに暮らす実験・・・のはずが現在K-POP+韓国ドラマ偏重中


by solcov

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(K-POP)
音楽(その他)
映画
文芸

テレビ
韓国ドラマ
マンガ
生活
仕事
NBA
時事
アニメ
新大久保
DVD

その他娯楽
未分類

以前の記事

2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
more...

フォロー中のブログ

ええねん日記
良い子の学習帳
@@猟奇的な映画情報局@@
rencia`s ...
サランヘヨ 韓国ドラマ
クニャン カジャ~♪
小春日和
人生メジャー化計画
さらんへ~
TURTLE STYLE
三番目の住人
ひとり言。
愛とは理由を言えないもの・・・
Natural
http://smaps...
ORANGE Note~...
まきもきや
韓国ドラマ Inform...
ソウルに住む日本人主婦の...
亜州的日日 [Asian...
韓☆スタ
シム家の食卓@完全クローズ
つれづれk-pop日誌
『大長今』ストーリーガイ...
尼雄の音楽日記 ー道は星...
if you see h...
web備忘録
KAORI'S ROOM
seefall 終わらない物語
あるびん・いむのピリ日記
hoop NBA fro...
JUSAWI
野宮真貴のおしゃれブログ
酸いも甘いも☆ 釜山大スキ!
韓国人、嫌韓を見る
羅鰤威韓国留学日記
かおり★おかき『エル・カ...
aj・staff's blog
FREEBIRD WEB...

ブログパーツ

あけましておめでとうございます。

世の中はなんだかキナ臭かったり胡散臭かったり色々ですが、ともあれ本年もよろしくお願いします。
a0018010_15293349.jpg

# by solcov | 2016-01-01 15:30 | 生活 | Trackback | Comments(3)

2015年が図らずも韓国女子グループの当たり年になってしまった件 5

ここまでに紹介した4グループ以外にも、OH MY GIRLやPlaybackなど面白いグループはあったのだが、とりあえず話題性という点で今年最強だったのはやはりTwiceだろう。

9人のグループで、うち3人が日本人(というか大阪・神戸・京都出身の関西人)、更に1人が台湾人というメンバー構成である。JYPのオーディション番組を通じてデビューしており、正式デビュー前から各メンバーのファンが存在していたようだ。
日本でも注目されてはいるらしく、僕は電車の中でTwiceについて話している女子高生を2組ほど見かけた。

デビュー前の話題作りだけでも他のグループとは比較にならないほど手間と金がかかっている訳だが、MVも力の入った内容になっている。まあ、なにせ売れているので僕がつべこべ言うこともない。
ということで、MVについてだけ少々。

このMV、まず冒頭に登場するのが何とゾンビである。
なぜゾンビ?
とか思っているうちにボロボロのベッドからまずナヨン、続いてモモが起き上がって歌い始める。
これは一体どういう設定???
そこになぜかチアガール姿のサナが登場。
サナが歩いて行った先にはジヒョがいて、続いてミナが現れ、壁にもたれたツウィが登場し・・・。
メンバーが一人ずつ登場はするが、同時にフレームインするのは3人までで、なかなか全員が揃わない。
この辺りまでに歌詞の内容から、どうやらゾンビたちが次から次へと登場するガールズグループに群がるファンたちの象徴らしいことがわかって来る。
そのゾンビたちに対してTwiceは、「真心のない偽物はいらない、私を優雅にさせて」と宣言する訳だ。
ここまででワンコーラス終わって、全員でサビ部分のダンス・・・と思いきや実はこの時点でメンバーは9人中7人しか登場していない。
続くラップパートでダヒョンとチェヨンが登場してやっと9人の顔見せが終わる。
ここまでが1分30秒。そこから20秒ほど日本人メンバー3人のシーンがあって、1分50秒あたりでやっとフルメンバーのTwiceがゾンビの群れの前に立つ。
そこからゾンビを交えた乱舞になり、最後は冒頭に出てきたゾンビくんの心臓が再び脈打ち始めて・・・という流れで終わる。
この曲の長さは3分40秒だから、実に半分以上は全員の姿を見せない状態で進行させていることになる。

曲自体も余り連続性の強くないフレーズを細切れに繋いで行き、そこから生じた不安定感をサビで一気に解消するような作りになっているから、映像のテンポがぴったり合うと一層気持ちよく聞ける。
かくして、ついついこのMVを繰り返し再生してしまい、動画再生回数○万回というプロモーションに協力してしまうことになるわけだ。

この辺は例えばUnicornの悲惨なMVを作ったスタッフにも是非とも見習って欲しいところである。


とかなんとか言っているうちに2015年もあと数時間で終わりだ。
来年もよろしくお願いします。
# by solcov | 2015-12-31 16:52 | 音楽(K-POP) | Trackback | Comments(0)

2015年が図らずも韓国女子グループの当たり年になってしまった件 4

正直なところ、このグループが世の中でどの程度認知されているのか不明だが、少なくとも「売れている」状態でないことはまず間違いないと思う。

Aprilのデビュー4日遅れの、8月28日に登場したUnicornである。
売れてはいないが、僕がものすごく気に入っているので書かないわけに行かないのである。

90年代に大人気を博したSolidのメンバーとして活躍し、今や韓国R&Bの父とも呼ばれるキム・ジョハンが手がけたというだけでも話題性はあった。
また、韓国の大手ポータルサイトDaumのファンカフェや、動画配信を使った事前プロモーションも行われていた。
だが、結果は今ひとつだった。
このMVもYouTubeでの再生回数が今日の時点で8,000回強と、同時期にデビューしたグループに比べて見劣りのする数字だ。テレビの音楽番組にも余り出ている様子がない。

曲は良い。
僕はLast.fmというサービスを使って自分が聴いた曲の記録をずっと取っているのだが、この曲は9月に入手したにも関わらず年間再生回数5位だった。思い出してみると、確かに毎朝この曲を聴きながら通勤していた時期がある。何度も何度も聴きたくなる曲だったということだ。
だが、いい曲なのに売れなかったなどという話は世の中に山ほど転がっていて、それはやはり時代に合わせた作り方であるとか売り方であるとか、そもそも売ろうとするタイミングが合っているのかいないのかだとか、様々な要因によって全く結果が変わったりするわけである。

この「HUK」という曲に関してはやはり売り方がよろしくなかったような気がしてならない。
この曲は、2分40秒あたりに情緒的ピークが来るようになっていて、そこまではリフレインと変奏の組み合わせの妙でじわじわ下地を作るような構成になっている。これはソウルやファンク系の音楽ではよく使われる手法で、さすがキム・ジョハンというべきだろう。
だが、2分40秒以前にリスナーが聴くのを止めてしまったら面白さが半減してしまう、というリスクがこの曲にはある。ましてこのご時世、曲を途中で飛ばすという行為は10年前と比べてさえ格段に楽になっている。

もちろん、そんなリスクをキム・ジョハンが意識していなかったはずはない。それでもあえてこういう曲調にしたのは、「聞き捨て」の曲ばかりが量産される韓国のアイドル歌謡の現状に何らかの思いを抱いていたからではないかと推察する。
だとすれば、せめてMVだけでも見る者を2分40秒間惹きつけておく工夫が必要だったのではないかと思う。

と、いうようなことを意識しながらこのMVを見ると、相当のがっかり感があるわけである。
メンバーたちの衣装はこれで良かったのか?
曲の内容と振り付けがなんか合ってなくないか?
いくら何でも緑色の髪って酷すぎるんじゃないのか?



彼女たちを今後もキム・ジョハンが手がけて行くのかどうかは不明だが、次回は是非ともビジュアル面にもしっかりテコ入れをして、ちゃんと売れるようにしてあげてもらいたいと本当に思う。
このビジュアルの印象だけで消えたのでは彼女たちが幾ら何でも浮かばれまいというもので・・・。
# by solcov | 2015-12-30 18:41 | 音楽(K-POP) | Trackback | Comments(0)

最新のコメント

諸般の事情で最近アクセス..
by solcov at 18:50
ありがとうございます。 ..
by solcov at 09:32
solcovさん ^^ ..
by Natural at 16:27
いやもう、毎度毎度お久し..
by solcov at 21:49
solcovさん  ^^..
by Natural at 10:25
そうですね〜、確かに少女..
by solcov at 00:41
いやいやKARAを語って..
by Natural at 19:42
ですね。 そう思うと、..
by solcov at 23:30
20年・・・ 生まれた..
by Natural at 16:37
あの頃僕もオ・ヒョンラン..
by solcov at 22:33

最新のトラックバック

ワンダーガールズ 最新情..
from これ好き! KoreaFan
2NE1 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
KARA 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
久々の更新、そして久々の..
from 音楽のある風景
日本デビューする韓国オサ..
from nonsense
ネット自殺予告、救った命..
from スーパーサイヤ人
それでも生きてはいるけれど
from web備忘録
君がいなくても地球は回る..
from web備忘録
SAMSUNGが熱い!
from 愛とは理由を言えないもの・・・
「韓国ドラマ」のトラック..
from 韓国ドラマ

タグ

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
音楽

画像一覧