毎日一つずつ楽しいことを見つけて幸せに暮らす実験・・・のはずが現在K-POP+韓国ドラマ偏重中


by solcov

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(K-POP)
音楽(その他)
映画
文芸

テレビ
韓国ドラマ
マンガ
生活
仕事
NBA
時事
アニメ
新大久保
DVD

その他娯楽
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
more...

フォロー中のブログ

ええねん日記
良い子の学習帳
@@猟奇的な映画情報局@@
rencia`s ...
サランヘヨ 韓国ドラマ
クニャン カジャ~♪
小春日和
人生メジャー化計画
さらんへ~
TURTLE STYLE
三番目の住人
ひとり言。
愛とは理由を言えないもの・・・
Natural
http://smaps...
ORANGE Note~...
まきもきや
韓国ドラマ Inform...
ソウルに住む日本人主婦の...
亜州的日日 [Asian...
韓☆スタ
シム家の食卓@完全クローズ
つれづれk-pop日誌
『大長今』ストーリーガイ...
尼雄の音楽日記 ー道は星...
if you see h...
web備忘録
KAORI'S ROOM
seefall 終わらない物語
あるびん・いむのピリ日記
hoop NBA fro...
JUSAWI
野宮真貴のおしゃれブログ
酸いも甘いも☆ 釜山大スキ!
韓国人、嫌韓を見る
羅鰤威韓国留学日記
かおり★おかき『エル・カ...
aj・staff's blog
FREEBIRD WEB...

ブログパーツ

終わるKARA

KARAの解散が決定的になったようである。
といっても、去年の年末からギュリ・スンヨン・ハラの3人が1月末の契約更改に向けての動きを取っていないことが話題になっていたから、ファンにとって驚くべきことでなかった。
昨年5月にリリースされたミニアルバム「In Love」が最後の作品となった。

改めてデビュー以来のKARAのヒット曲を聴き直してみると、KARAというグループのイメージはハラとジヨンが加入して以後の「Rock U」、「Pretty Girl」、「Honey」の3曲で固まったと言っていいと思う。
その後、「MR.」で日本に進出したわけだが、今思えばこれがKARAにとっての運命の分かれ目だったのだろう。
「Jumpin'」まではまだ良かったが、ジヨン・ニコルの脱退騒動が起こったにリリースされた日本向けの「ジェットコースターラブ」あたりからどうにも雲行きが怪しくなった。
韓国内で足元をしっかり固めるべき時期に、日本市場に合わせた活動をしてしまったことと、それがちょうど日韓両国が関係悪化の方向に舵を切った時期に重なってしまったこと。その二つが2011年から2015年までのKARAの迷走を招くことになった。
KARAにとって最後のフルアルバムとなった「Full Bloom」は、5人体制だった2013年に制作された。KARAには、ミニアルバムはそこそこだがフルアルバムだと散漫になり過ぎる傾向があったのだが、「Full Bloom」は気持ち良く纏まった、敢えて言うなら唯一の「聴けるアルバム」だった。
そして2014年にジヨンとニコルが脱退し、補充メンバーとしてヨンジが加入はしたものの、二人が抜けた穴を埋めるには至らなかった。
そういう風に考えて行くと、ジヨンとニコルが脱退した時点でKARAは終わっていた、と見るべきなのかも知れない。

韓国のアイドルグループに関しては「5集の壁」という言葉がある。
90年代から2005年くらいまでは、アイドルグループは大体1年に1枚のペースでアルバムをリリースし、それに合わせてテレビなどでの活動を行っていた。テレビ出演と営業活動をこなし、数ヶ月の休養期間をおき、また次のアルバムをリリースして活動を再開する。
その休養期間中に次のアルバムの準備をしたり、メンバーチェンジが行われたり、場合によっては人相が変わったりするわけであるが、大体のグループは5集(5枚目のアルバム)を出す前に解散してしまう。それが「5集の壁」だ。
デジタル配信が普及したことで、1年に何回かシングルをリリースしたり、6曲前後収録の「ミニアルバム」をリリースして活動するのが一般的になっているから、CDが主体だった時代の考え方がそのまま当てはまるとは思わないが、売れるアルバムをリリースし続けることのはむしろ90年代以上に難しくなっている。
KARAの活動期間は9年に及び、7枚のミニアルバムと5曲のデジタルシングルをリリースしたが、フルアルバムは4枚しか出すことができなかった。
「5集の壁」は越えられなかったものの、スタッフまで含めた「KARAを成立させていた人々」は十分過ぎるくらい健闘したと思う。

*ちなみに、日本では5枚のフルアルバムをリリースしているのだが、韓国語バージョンと日本語バージョンがあったり、日本のみリリースの曲があったりなので、これを以て「5集の壁」を越えたというのも少々無理があると思われる。


良くも悪くも、KARAはこのビデオのようなイメージをずっと引きずっていたと思う。
いくらメイクや衣装を頑張ったところで、10代から20代前半の女の子がいつまでもこの曲のような雰囲気を保ち続けるのは不可能なわけで、そこから当人たちの成長とどうシンクロさせていくかはスタッフの腕一つにかかっている。
多分、この時のKARAに一番近い雰囲気を持っている現役アイドルは同じDSPメディア所属のAprilだが、14歳から18歳まで1歳違いのメンバー5人で構成されたAprilはKARA以上に難しいことになりそうな気もしている。
[PR]
# by solcov | 2016-01-18 23:08 | 音楽(K-POP) | Trackback | Comments(8)

あけましておめでとうございます。

世の中はなんだかキナ臭かったり胡散臭かったり色々ですが、ともあれ本年もよろしくお願いします。
a0018010_15293349.jpg

[PR]
# by solcov | 2016-01-01 15:30 | 生活 | Trackback | Comments(3)

2015年が図らずも韓国女子グループの当たり年になってしまった件 5

ここまでに紹介した4グループ以外にも、OH MY GIRLやPlaybackなど面白いグループはあったのだが、とりあえず話題性という点で今年最強だったのはやはりTwiceだろう。

9人のグループで、うち3人が日本人(というか大阪・神戸・京都出身の関西人)、更に1人が台湾人というメンバー構成である。JYPのオーディション番組を通じてデビューしており、正式デビュー前から各メンバーのファンが存在していたようだ。
日本でも注目されてはいるらしく、僕は電車の中でTwiceについて話している女子高生を2組ほど見かけた。

デビュー前の話題作りだけでも他のグループとは比較にならないほど手間と金がかかっている訳だが、MVも力の入った内容になっている。まあ、なにせ売れているので僕がつべこべ言うこともない。
ということで、MVについてだけ少々。

このMV、まず冒頭に登場するのが何とゾンビである。
なぜゾンビ?
とか思っているうちにボロボロのベッドからまずナヨン、続いてモモが起き上がって歌い始める。
これは一体どういう設定???
そこになぜかチアガール姿のサナが登場。
サナが歩いて行った先にはジヒョがいて、続いてミナが現れ、壁にもたれたツウィが登場し・・・。
メンバーが一人ずつ登場はするが、同時にフレームインするのは3人までで、なかなか全員が揃わない。
この辺りまでに歌詞の内容から、どうやらゾンビたちが次から次へと登場するガールズグループに群がるファンたちの象徴らしいことがわかって来る。
そのゾンビたちに対してTwiceは、「真心のない偽物はいらない、私を優雅にさせて」と宣言する訳だ。
ここまででワンコーラス終わって、全員でサビ部分のダンス・・・と思いきや実はこの時点でメンバーは9人中7人しか登場していない。
続くラップパートでダヒョンとチェヨンが登場してやっと9人の顔見せが終わる。
ここまでが1分30秒。そこから20秒ほど日本人メンバー3人のシーンがあって、1分50秒あたりでやっとフルメンバーのTwiceがゾンビの群れの前に立つ。
そこからゾンビを交えた乱舞になり、最後は冒頭に出てきたゾンビくんの心臓が再び脈打ち始めて・・・という流れで終わる。
この曲の長さは3分40秒だから、実に半分以上は全員の姿を見せない状態で進行させていることになる。

曲自体も余り連続性の強くないフレーズを細切れに繋いで行き、そこから生じた不安定感をサビで一気に解消するような作りになっているから、映像のテンポがぴったり合うと一層気持ちよく聞ける。
かくして、ついついこのMVを繰り返し再生してしまい、動画再生回数○万回というプロモーションに協力してしまうことになるわけだ。

この辺は例えばUnicornの悲惨なMVを作ったスタッフにも是非とも見習って欲しいところである。


とかなんとか言っているうちに2015年もあと数時間で終わりだ。
来年もよろしくお願いします。
[PR]
# by solcov | 2015-12-31 16:52 | 音楽(K-POP) | Trackback | Comments(0)

最新のコメント

> Naturalさん ..
by solcov at 23:19
> Naturalさん ..
by solcov at 22:58
^^ おひさしぶりです..
by Natural at 10:33
諸般の事情で最近アクセス..
by solcov at 18:50
ありがとうございます。 ..
by solcov at 09:32
solcovさん ^^ ..
by Natural at 16:27
いやもう、毎度毎度お久し..
by solcov at 21:49
solcovさん  ^^..
by Natural at 10:25
そうですね〜、確かに少女..
by solcov at 00:41
いやいやKARAを語って..
by Natural at 19:42

最新のトラックバック

ワンダーガールズ 最新情..
from これ好き! KoreaFan
2NE1 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
KARA 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
久々の更新、そして久々の..
from 音楽のある風景
日本デビューする韓国オサ..
from nonsense
ネット自殺予告、救った命..
from スーパーサイヤ人
それでも生きてはいるけれど
from web備忘録
君がいなくても地球は回る..
from web備忘録
SAMSUNGが熱い!
from 愛とは理由を言えないもの・・・
「韓国ドラマ」のトラック..
from 韓国ドラマ

タグ

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
音楽

画像一覧