毎日一つずつ楽しいことを見つけて幸せに暮らす実験・・・のはずが現在K-POP+韓国ドラマ偏重中


by solcov

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(K-POP)
音楽(その他)
映画
文芸

テレビ
韓国ドラマ
マンガ
生活
仕事
NBA
時事
アニメ
新大久保
DVD

その他娯楽
未分類

以前の記事

2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
more...

フォロー中のブログ

ええねん日記
良い子の学習帳
@@猟奇的な映画情報局@@
rencia`s ...
サランヘヨ 韓国ドラマ
クニャン カジャ~♪
小春日和
人生メジャー化計画
さらんへ~
TURTLE STYLE
三番目の住人
ひとり言。
愛とは理由を言えないもの・・・
Natural
http://smaps...
ORANGE Note~...
まきもきや
韓国ドラマ Inform...
ソウルに住む日本人主婦の...
亜州的日日 [Asian...
韓☆スタ
シム家の食卓@完全クローズ
つれづれk-pop日誌
『大長今』ストーリーガイ...
尼雄の音楽日記 ー道は星...
if you see h...
web備忘録
KAORI'S ROOM
seefall 終わらない物語
あるびん・いむのピリ日記
hoop NBA fro...
JUSAWI
野宮真貴のおしゃれブログ
酸いも甘いも☆ 釜山大スキ!
韓国人、嫌韓を見る
羅鰤威韓国留学日記
かおり★おかき『エル・カ...
aj・staff's blog
FREEBIRD WEB...

ブログパーツ

カテゴリ:アニメ( 4 )

リメイク版宇宙戦艦ヤマト

僕くらいの世代だと、それが肯定的なものであれ、否定的なものであれ、「ヤマト」に対して何かしら思うところのある人が多いだろうと思う。
僕は小学生の頃に初めて見ていっぺんにファンになり、その後に続く続編にも延々付き合って来たクチだ。
だが、結局本当に心の底から好きだったのは一番最初の「宇宙戦艦ヤマト」だけで、その後に続く続編にはいつもどこか食い足りなさが残っていたものだ。
多分それは、一度完結した物語を無理やり引き伸ばしていることが見る側にも伝わってしまっていたからだと思う。いわば、「さらば宇宙戦艦ヤマト」以後はヤマトがゾンビ化した姿を見せられているようなものだった。それでも未だにファンがいるというのは、それだけ最初のヤマトのインパクトが強烈だったということだろう。

そして近年になってにわかにヤマトが復活してきた。最初はアニメの「復活篇」、そしてキムタク主演の実写映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」。
ゾンビ化したヤマトを一旦は葬ったものの、せめてもう少し質の良いゾンビとして蘇らせてやれば良かったという悔悟の念が強く感じられた「復活篇」。
オリジナルではほとんど類型化されたお飾りキャラだった森雪を物語の中心に据え、全く別の角度から「ヤマト」の物語を捉え直した「SPACE BATTLESHIP ヤマト」。
どちらも僕は楽しめたのだが、世間の評判はそうでもなかったようだ。

更に今年はオリジナル版のリメイクである「宇宙戦艦ヤマト2199」が登場した。
今やいいオヤジになったファンたちが脳内補完し続けていたであろう、当時のアニメ技術では描けなかった部分を、このリメイク版は徹底的に描いている。

正直、「ヤマト」が今の時代に受け入れられるものなのかどうか、僕には今一つわからない。
それでも、十代の僕の脳内にあったもののかなりの部分が現実の映像として目の前に現れる感動というのはちょっと得難い経験だったし、連鎖的に当時の根拠薄弱な前向きな気分といったものも思い出すことができた。
それはやはり価値のあることだと思う。

ともあれ、アメリカ以上に日本のコンテンツ不足・企画不足が深刻な状態になりつつあることだけは確かなようだ。
by solcov | 2012-04-08 23:56 | アニメ | Trackback | Comments(4)

サマーウォーズ

去年、見よう見ようと思っているうちに引っ越しやらなにやらで公開が終わってしまっていた『サマーウォーズ』。やっとDVDで見た。
監督の細田守という人は、原作を大胆にアレンジしたアニメ版『時をかける少女』で初めて知ったのだが、面白い映画を作る人だと思う。この映画もたまらなく面白かった。僕はアニメ専門声優の妙な喋り方が嫌いなのだが、この作品は主要な役どころを普通の俳優にやらせているのも良かった(最近はジブリのアニメなんかもそうだが)。
同時に、こういう題材を実写でやれないのが日本映画界のダメさなんじゃないかとも思う。多分、仮想世界のデザインも含めて実写の質感を持った映画にしていたら、怖い部分はより怖く、泣ける部分はより泣ける映画になったような気がする。

by solcov | 2010-05-04 01:12 | アニメ | Trackback | Comments(2)

グインサーガ

中学を卒業する頃だったか、高校に入ったばかりの頃だったか、田舎の小さな書店で偶然手に取った『豹頭の仮面』と題された1冊の文庫本。タイトルの下の方に小さく「グインサーガ1」と書いてあった。
それを買った時は、まさかこれが100冊を大幅に超えるシリーズになるとも、自分がこの歳まで読み続けることになるとも思っていなかった。現在126巻まで刊行されていて、その他に「外伝」が20冊ちょっとある。

どういう背景があってのことか知らないが、この大河ヒロイックファンタジーがNHKでアニメ化されてしまった。
第一話を見たが、正直どの程度原作に忠実だったのかよくわからない。
何度かの引っ越しを経て、1巻のあたりはどこにしまったのかさっぱりわからないし、そもそも一度たりとも読み返したことがないので、どう考えても最初の方の話を正確に覚えているとは思えない。この先も過去の刊行分を読み返すことは物理的に無理だろう。
ただ、日々の生活の中にこういう延々と続く物語が存在したのはいいことだったと思う。

アニメがどの辺までフォローするのかわからないが、多分途中のキリのいいあたりで終わるだろう。
このアニメをきっかけに、原作に手を出す人が増えてくれればいいとは思うが、今から読み始めて合計150冊弱というのは・・・。
僕だったらその数字だけで萎える(笑)。
現時点で350巻を超えてるペリー・ローダンシリーズよりはマシだろうけどね。

「待望のアニメ化」なんて言われても、別に原作のファンはアニメ版なんて待ってはいなかったと思うが・・・。
by solcov | 2009-04-06 01:27 | アニメ | Trackback | Comments(0)

『どろろ』

a0018010_22385663.jpg僕は子供の頃、非常に恐がりだったのだそうだ。本人に記憶はないが、怪獣が出てくるような番組は父親の背中に隠れて見ていたという。
そのくせ、妖怪やお化けが出てくるアニメ(当時は「テレビまんが」だったが)が好きで、この『どろろ』など毎週欠かさず見ていたらしい。(まだ明るい時間の再放送枠で見ていたので、余り恐くなかったのではないかと思われる)。

手塚治虫原作なので、割と知られているのではないかと思うが、とにかく主役の百鬼丸がユニークなキャラクターだった。
父親が、「天下を取らせてくれるなら、生まれてくる子供の体をやろう」などと妖怪連中に約束してしまったため、百鬼丸は体の48カ所が欠損した状態で生まれてきたのである。
生まれてすぐに捨てられてしまった百鬼丸は天才的な医者に拾われ、木と焼き物で体の欠損部分を作ってもらう。そして、奪われた自分の体を取り戻すため、48体の妖怪を倒す旅に出るのである。
これだけでも随分ダークで異色なのだが、更にこの百鬼丸、両腕に刀を仕込んでいるのだ(写真)。後の「コブラ」の元祖のようなものだが、これがまた陰惨さを倍増させる。

いくらなんでもダーク過ぎるということだったのか、一応主役は百鬼丸と一緒に旅をする、自称大泥棒の「どろろ」という子供になっている。

たまたま、この『どろろ』のDVDボックスが出ているのを見つけ、半ば衝動的に買ってしまった。
で、早速見てみたのだが・・・
暗い。
重い。
戦国期の権力対民衆の対立構造がさりげなく物語に組み込まれているのである。
つまりは、生まれながらに体を奪われた百鬼丸は、虐げられた民衆のメタファーであり、百鬼丸の背負った陰惨さは、当時の百姓たちが背負った陰惨さでもあったのだ。
だが当時の僕がそんなことに気づくはずはなく、ただ素直に妖怪退治の物語だけを追いかけていたのであった。

今、子供向けのアニメというと子供しか喜ばないようなものばかりのような気がするのだが、「子供向け」という基本を外すことなく、骨太な物語を作ろうとしていた人がいたことに、ちょっと感動してしまった。

ちなみに、下の写真は「金小僧」という妖怪である。
竹藪に埋められたカネの精で、「や~ろ~う~か、や~ろ~う~か」とつぶやきつつ、カネの隠し場所に人を導くのである。
当時、僕はこの妖怪が一番恐かったのだが、今にして思えばなぜこんな有り難い妖怪が恐かったのか謎である。
なお、この『どろろ』がPS2でゲーム化され、金小僧のストラップのオマケつきで販売されるそうだ。きっと大人になってから金小僧の有り難さに気づいた人が僕以外にもいたのだろう。
a0018010_23113310.jpg
by solcov | 2004-08-30 23:18 | アニメ | Trackback | Comments(2)

最新のコメント

諸般の事情で最近アクセス..
by solcov at 18:50
ありがとうございます。 ..
by solcov at 09:32
solcovさん ^^ ..
by Natural at 16:27
いやもう、毎度毎度お久し..
by solcov at 21:49
solcovさん  ^^..
by Natural at 10:25
そうですね〜、確かに少女..
by solcov at 00:41
いやいやKARAを語って..
by Natural at 19:42
ですね。 そう思うと、..
by solcov at 23:30
20年・・・ 生まれた..
by Natural at 16:37
あの頃僕もオ・ヒョンラン..
by solcov at 22:33

最新のトラックバック

ワンダーガールズ 最新情..
from これ好き! KoreaFan
2NE1 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
KARA 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
久々の更新、そして久々の..
from 音楽のある風景
日本デビューする韓国オサ..
from nonsense
ネット自殺予告、救った命..
from スーパーサイヤ人
それでも生きてはいるけれど
from web備忘録
君がいなくても地球は回る..
from web備忘録
SAMSUNGが熱い!
from 愛とは理由を言えないもの・・・
「韓国ドラマ」のトラック..
from 韓国ドラマ

タグ

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
音楽

画像一覧