毎日一つずつ楽しいことを見つけて幸せに暮らす実験・・・のはずが現在K-POP+韓国ドラマ偏重中


by solcov

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(K-POP)
音楽(その他)
映画
文芸

テレビ
韓国ドラマ
マンガ
生活
仕事
NBA
時事
アニメ
新大久保
DVD

その他娯楽
未分類

以前の記事

2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
more...

フォロー中のブログ

ええねん日記
良い子の学習帳
@@猟奇的な映画情報局@@
rencia`s ...
サランヘヨ 韓国ドラマ
クニャン カジャ~♪
小春日和
人生メジャー化計画
さらんへ~
TURTLE STYLE
三番目の住人
ひとり言。
愛とは理由を言えないもの・・・
Natural
http://smaps...
ORANGE Note~...
まきもきや
韓国ドラマ Inform...
ソウルに住む日本人主婦の...
亜州的日日 [Asian...
韓☆スタ
シム家の食卓@完全クローズ
つれづれk-pop日誌
『大長今』ストーリーガイ...
尼雄の音楽日記 ー道は星...
if you see h...
web備忘録
KAORI'S ROOM
seefall 終わらない物語
あるびん・いむのピリ日記
hoop NBA fro...
JUSAWI
野宮真貴のおしゃれブログ
酸いも甘いも☆ 釜山大スキ!
韓国人、嫌韓を見る
羅鰤威韓国留学日記
かおり★おかき『エル・カ...
aj・staff's blog
FREEBIRD WEB...

ブログパーツ

カテゴリ:時事( 58 )

iPhone5とスティーブ・ジョブズの1周忌

スティーブ・ジョブズが亡くなって早一年。
カリスマ経営者を喪った後もAppleは概ね順調なようで、iPhone5は恐らくiPhoneの完成形といっていい程の筺体に、細部まで練りこまれた最新版のiOSを搭載して空前の大ヒットになった。僕も早々に手に入れて1週間ちょっと使っているが、歴代iPhoneの中でも群を抜いて使いやすい。処理速度とOSの仕様、重さ、大きさ、手触り、そういった個々の構成要素が絶妙のバランスで結びついている感じだ。

かつてAppleはジョブズを追放し、延々と迷走を続けた末に再び彼を呼び戻して立て直しを図った。経営者としては色々問題が多かったようだが、結局のところAppleという会社を成り立たせていたのはジョブズの非現実的なまでの先見性だったということだろう。それを端的に現したのがこのiPadのCMだった。冒頭の「テクノロジーだけでは何かが足りない」というのはジョブズの有名な言葉だ。
このCMが流れていた頃にはもうスティーブ・ジョブズは病気を理由に休職していて、ここで語られる言葉はジョブズのいないAppleの将来の方向性を見据えたものとも思われた。


このCMを見た時、僕は「十分に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない」という言葉を思い出した。SF作家アーサー・C・クラークの言葉だ。
スティーブ・ジョブズが夢見たのはそんな製品だったのかな、と思う。

iPhoneは間違いなくそういう方向に進化しようとしている(iOS6の地図アプリのような失敗もあるが)。
日本語版のCMで「テクノロジーからの開放」と訳されている部分の原文は「When technology gets out of the way」で、テクノロジーが脇に寄るとか、道を譲るとか、一歩下がるとか、そういう含みがある。
かつて高い技術力を売り物にしてきた企業が軒並み凋落し、テクノロジーを脇役にすると宣言した会社が世界を席巻しているという訳だ。

それがどれくらい未来の話になるかは不明だが、十分に発達したテクノロジーに支えられた理想のデバイスは「魔法の箱」になるはずだ。その時、人間が意識するのは「箱」だけになる。
Appleという会社が、時として性能を犠牲にしてでも「箱」のデザインや質感に執拗なこだわりを見せる理由はそんなところにあるのかも知れない。
by solcov | 2012-10-08 17:42 | 時事 | Trackback | Comments(0)

違法ダウンロードとかリッピングとか

違法ダウンロード刑事罰化・著作権法改正案が衆院で可決 - ITmedia ニュース

なんだかズレた法律ができたな、と思った。

罰則が厳しくなったら違法ダウンロードや、DVDのリッピングは減るかも知れない。
だからといって、その分CDやDVDが売れるかというと、恐らくそうはならない。

最近、Huluで映画やドラマを見ることが増えた。月々980円で見放題のサービスだ。
画質は決して良いとは言えないが、極端に悪いというわけでもないから、余程映像に凝りまくった作品でもなければ何ら問題なく視聴できる。無期限に何度でも見られるので、DVDレンタルよりも便利で安価だ。このサービスに加入してから、DVDを買う枚数は確実に減った。
音楽もダウンロードで買うことの方が多くなってCDはマイナー過ぎてダウンロード販売されていないようなものしか買わない(オマケ目当てに何枚も同じものを買うことはある)。

そういうご時世に違法ダウンロードに刑事罰とか、DVDのリッピングは個人使用でもダメ、とか言われても「それが何か?」という感想しか出てこないのである。
細かいところはよくわからないが、もはやガラパゴス化は日本のお家芸になりつつあるのではなかろうかとか、色々考えてしまうわけである。
by solcov | 2012-06-16 01:35 | 時事 | Trackback | Comments(0)

スティーブ・ジョブズの死

僕が初めてMacを買ったのは、もうかれこれ20年近く前のことだ。
その日から今まで、僕の生活の中には常にスティーブ・ジョブズが世に送り出した製品があった。

IT化は人の賢さも愚かさも等しく拡大する、という言葉を聞いたことがある。
スティーブ・ジョブズという男が作ろうとした世界が僕たち自身の幸せに繋がるのかどうか、まだ判断できる段階ではない。今からずっと後の時代の人々は、スティーブ・ジョブズに対して今の僕たちとは全く違った評価を下すかも知れない。

だが、彼がいなければ、少なくとも僕の生活は今とは全く違ったものになっていたはずだ。
この20年間、僕はスティーブ・ジョブズとアップルという会社のおかげで、随分とたくさんの楽しみを見つけることができた。恐らく、世界中に僕のような人はたくさんいるだろうと思う。そのことに、僕は感謝している。

a0018010_2347748.jpg

by solcov | 2011-10-09 23:48 | 時事 | Trackback | Comments(4)

日本の電子出版

大手出版社がキンドル接近? 電子出版フィーバー始まる - Infoseek ニュース

フィーバーが始まるのか始まらないのかはともかく、そろそろ日本の出版業界も真剣に考える時期に来ているようだ。
アメリカではずいぶん前から始まっていることだし、Audibleのようなオーディオブックを幅広く提供するサービスもある。

印刷業界・製紙業界にとっては死活問題になると思うが、僕たちの生活の中で、デジタルメディアに移行してくれた方がありがたいものは決して少なくないと思う。

新聞など、オーディオブック形式にしてくれるのが一番いいと思うのだが・・・。
まあ、「新聞紙」というモノの便利さは捨てがたいにせよ。
by solcov | 2010-03-07 23:54 | 時事 | Trackback | Comments(0)

トンデモケータイ?

写真で解説する「G9」 (1/2) - ITmedia +D モバイル

KDDIの新ブランドとかまあそういう話はいいとして。
・・・これ、中身はともかく外観はHAPTICもしくはOMNIAにスライド機構をつけただけに見えるんですけど。
最初見た時は中国製の所謂トンデモケータイかと思った。
これを天下のソニーエリクソンが出してしまうというところに、業界の苦悩が見て取れたり取れなかったり。
by solcov | 2009-04-29 11:56 | 時事 | Trackback | Comments(0)

小室哲哉・・・

すっかり過去の人になったと思ってたら逮捕って。

最初、TMネットワークが出てきた時はちょっと面白そうだなと思った。
ただ、イギリスのエレクトロポップがやや下火になり始め、アメリカのブラック系や、いわゆるワールドミュージックが面白くなり始めていた時期だったため、僕は「今更聞くこともないか」と思っていた。多分知らない人の方が多いとは思うが、当時化粧品のCMソングを担当する程度には売れていたJullanの方が面白そうな気もしていた。
まあ要するにちょっと興味はあるけど買うほどでもない、という感じだった訳だ。

サードアルバム”GOLLIRA"で何をトチ狂ったか、ファンクがどうしたこうしたと言い出した辺りで、僕はTMネットワークが嫌いになった。とにかくリズムが気持ち悪い。
"Get Wild"などで顕著なテケテッテッテ、テケテッテッテ、というアレである。
転調を繰り返して1曲の間に2回~3回山を作るという手法も気持ち悪かった。

が、その一方でよくこんな方法を思いつけるな、と思ったのも確かだ。
とりあえず、後にも先にもこれだけ自分のミュージシャンエゴを捨てて「短期間で爆発的に売れる曲」を作ることに集中したミュージシャンはいないのではないかと思う。
売れなくなり始めた頃に雑誌に載ったインタビューで、「これからは普通にトラックメイカーとして好きな曲を作りたい」と語っていたのが妙に印象的だった。

海外進出を狙い始めたあたりで、「止めときゃいいのに・・・」と思ったアジア音楽ファンは多かったと思う。
香港や台湾でTKサウンドがもてはやされた時期は確かにあったが、それもほんの1年か2年のことだ。本来、中国語圏の中でも地域やリスナー層によってかなり嗜好は異なる。言葉の問題を度外視したとしても、香港で好まれるサウンドと、台湾で好まれるサウンドはかなり違う。加えて海賊盤対策もほとんど取られていなかった時代のことだ。たった一人のプロデューサーの能力だけで食い込んで行けるような市場ではないし、何より歌が上手くて当たり前の地域だ。「歌」をプロデュースできない小室哲哉には最初から分の悪い勝負だった。
誰もそのことを小室哲哉に教えなかったのか、本人が聞く耳を持たなかったのかはわからないが、案の定アジア進出は大失敗に終わったらしい。

多分、小室哲哉はある分野にだけ突出した「職人」だったのだと思う。
もし、日本の音楽業界が長期的な視野に立って小室哲哉を「活用」することができていたら、日本の音楽市場はこんなに閉塞していなかったかも知れない。

本人の言葉を借りるなら「旬は3ヶ月」というような「使い捨て」の曲ばかりを作らせて、数年間にわたって市場を空洞化させたツケは確実に回って来ている。

小室哲哉の年齢を考えれば全ては自己責任ではあるが、こういう形で彼が退場してしまうことに一抹の割り切れ無さも感じてしまうのだ。
by solcov | 2008-11-06 00:46 | 時事 | Trackback | Comments(11)

呆れた人

ニューストップ > トピックス > 政治・社会 > 防衛省 > 「日本は北朝鮮と一緒だ」=問題論文めぐる処分に不満-田母神前空幕長が会見 - Infoseek ニュース - Infoseek ニュース
いや、この人凄いっす。
何が凄いって、自分が何をやったのか全然わかってなさそうなのが。

一応この人の「論文」も読んではみたが、あれが論文だったら世間に氾濫しているブログの類は全て論文集と呼んで差し支えない、と言っては言い過ぎかも知れないが、まあ、どこかで見たような内容がずらずら並んでいるだけの代物だ。

「政府見解に対して一言も言えないようでは」などという話が出て来るのも情けない。政府見解に異を唱えたいなら、民間企業(それも耐震偽装で問題になったような企業)の懸賞論文などに応募するのではなく、正規の手続きを踏んで上申するのが当然だろう。まして、「自衛隊員の士気が低下している」とまで言っているのだ。のんびり懸賞論文など書いている暇は金輪際ないはずだ。
これほど言い訳の下手な人はきっと正直でいい人なのだと思うが、一軍に指令する立場にこういう「いい人」を置いていていいのかという問題もある。

退職は不本意というのは、職を賭して政府の不明を問うような気概もないということだから、いざ有事となった時に頼りになるのかどうかも非常に怪しい。
防衛相が間違った防衛施策を選択したとしても、この人は直接防衛相に掛け合ったりせず、民間企業相手に愚痴をたらたら並べる可能性がある。

大して何も考えずに論文を出したら思いもよらず揉めちゃった、というのが本音なんじゃないかと思うが、この懸賞論文自体がデキレースだった、なんていうオチがついても僕はちっとも驚かない。
by solcov | 2008-11-04 02:08 | 時事 | Trackback | Comments(0)

「せいぜいがんばって」

「せいぜいってどういうことなんだ」石原知事、福田首相を批判(産経新聞) - Yahoo!ニュース

これは何ともかんとも。
福田が、ではない。
マスコミと石原が、だ。

作家崩れの石原はもちろん、マスコミも一応言葉のプロのはずなのだが、「せいぜい」の意味を知らないらしい。確かに「せいぜい」を福田のように使う人は少なくなったが、辞書では未だに「精一杯、力の限り」という意味の方が先に書いてある。

そういえば、NHKのアナウンサーも「また日本にメダルが誕生しました!」などと満面の笑顔で喋っているが、これも日本語として全くもって話にならないくらいおかしい。まさか日本が都度新しい賞を制定してメダルを授与しているとでも言いたいのだろうか。

言葉の意味を間違って覚えていたり、間違って使ったりということは誰しもある。むしろ、テレビや新聞にしろ、ネットにしろ、全くチェック機能が働かないままに間違った文章が外に出てしまっているということが大問題だと思う。

・・・英語教育のことなど心配している場合ではないのでは。
by solcov | 2008-08-15 19:52 | 時事 | Trackback | Comments(0)

北京オリンピック

北京五輪が開幕、壮大な開会式 写真52枚 国際ニュース : AFPBB News
こんな凄まじい開会式は初めて見た。いや、前代未聞というべきかも知れない。
4兆円の費用と、チャン・イーモウという才能を投入しただけのことはある。

「古代から続く中国の文化とその継承」にオリンピック精神の継承を重ね合わせると同時に、多民族を統べる国家の存在を「継承」という文脈の中に置いてしまう手腕は見事だ。民族衣装をまとった子供たちが運んできた国旗を軍人が受け取り、高々と掲揚する演出は「中国」という国のあり方を端的に示したものだと思う。
そして、数千人が同時に演じることで展開していく光景には、美しさと同時に異様なまでの威圧感があった。
そして特に感心したのが聖火リレーだ。
今回ほどトラブルの多かった聖火リレーはなかったと思うが、メインのパフォーマンス同様に「中国の歴史を描いた巻物」のモチーフを使い、空中に浮いた最終ランナーに壁面を走らせるという演出によって、未解決の政治的なトラブルが「中国という国家が乗り越えて来た試練」に化けてしまった。

オリンピックという平和的であるべきイベントへの賛美、中国の歴史と文化の誇示、そして国威高揚。これを同時に美しく表現した、歴史に残る開会式だったと思う。

・・・やはりこの国を甘く見てはいけない。


僕はバスケ以外の競技には余り興味がないのだが、日本が出ていないバスケがちゃんと中継されるとも思えないので、この開会式で僕にとっての北京オリンピックは半分終わってしまったようなものだ(笑)。
by solcov | 2008-08-09 15:12 | 時事 | Trackback | Comments(2)

未来のiPhone

a0018010_10234292.jpgこんな『iPhone』が欲しかった:ファンたちのモックアップギャラリー | WIRED VISION

iPhone 3Gは発売初日でほぼ全国的に売り切れ、次回入荷未定だそうだ。
入荷数が公表されていないので、実際売れ行きがどうなのかはよくわからないが、とりあえず僕がiPhoneを手にするのは当分先のことになりそうだ(待っている間にソフトバンクからSamsungのOMNIAが出たりするとまたグラグラ来ちゃいそうな気もするが・・・)。

一方、世の中には既に次のiPhone、更にずーっと先のiPhoneに夢を馳せている人もいるらしい。
Free iPod + iPhone Book 4
このPDFパンフレットの後半の方に、いわゆる「夢のiPhone」が紹介されている。
僕が気に入ったのは「ランダムに電話をかけるiPhone Shuffle」だ(笑)。

iPodはMacOSの機能を小分けにしてポータブルデバイス化したものだ。
当初は音楽再生機能だけだったが、数度のバージョンアップを経てエンターテインメント関連の機能がほぼ全てiPodに取り込まれるようになった。
通信機能を追加した時に、ほとんどオマケのように「携帯電話」の機能も付加して作ったのが初代iPhoneということになる。
そういう進化の道筋を通って来た道具だからこそ、「夢のiPhone」的な遊びが成り立つという訳だ。

そういう意味では、あくまでも「電話」を核としてOSなど作ったこともないメーカーがよってたかって作り上げてきた日本の「ケータイ」とは全く進化の方向性が違う。インターフェイスなど二の次で、とにかく新しい機能を付加することが重要だった日本のケータイは、高機能であることばかりを追求した道具になってしまった。そして、ユーザーの側が道具に慣れることが当然のように求められる。
「ケータイ文化」は誰にでも開かれたものではなく、不親切な道具に慣れることができた者だけが参加できる文化なのだ。

日本のメーカーはケータイ文化を引き合いに出して「iPhoneは脅威にはならない」という論調に傾いているようだが、ある面ではその通りだと思う。
ケータイ文化」を享受している人たちにとってiPhoneは「ちょっと面白いインターフェイスを持ってはいるが使えない道具」にしかならない。

だが、ケータイ文化を必要としなかった人々、ケータイ文化から弾き出された人々にとってはそうではない。iPodは手放せない、だけどとりあえず電話やメールはチェックしないといけないから携帯も持っとかなきゃ、というタイプの人にとってiPhoneは福音だ。
故に製品としては全く競合しないのだが、今まで日本の携帯をしぶしぶ使っていたような人々のうちかなりの部分がiPhoneに流れることにはなるだろう。

もしも日本のメーカーが、もっと本腰を入れて非「ケータイ文化」層の掘り起こしをやっていたら、iPhoneが上陸したからといって騒ぐことは何も無かったのかも知れないと思うと、日本人としてちょっと情けない気分になってしまう。
by solcov | 2008-07-13 11:41 | 時事 | Trackback | Comments(0)

最新のコメント

諸般の事情で最近アクセス..
by solcov at 18:50
ありがとうございます。 ..
by solcov at 09:32
solcovさん ^^ ..
by Natural at 16:27
いやもう、毎度毎度お久し..
by solcov at 21:49
solcovさん  ^^..
by Natural at 10:25
そうですね〜、確かに少女..
by solcov at 00:41
いやいやKARAを語って..
by Natural at 19:42
ですね。 そう思うと、..
by solcov at 23:30
20年・・・ 生まれた..
by Natural at 16:37
あの頃僕もオ・ヒョンラン..
by solcov at 22:33

最新のトラックバック

ワンダーガールズ 最新情..
from これ好き! KoreaFan
2NE1 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
KARA 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
久々の更新、そして久々の..
from 音楽のある風景
日本デビューする韓国オサ..
from nonsense
ネット自殺予告、救った命..
from スーパーサイヤ人
それでも生きてはいるけれど
from web備忘録
君がいなくても地球は回る..
from web備忘録
SAMSUNGが熱い!
from 愛とは理由を言えないもの・・・
「韓国ドラマ」のトラック..
from 韓国ドラマ

タグ

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
音楽

画像一覧