毎日一つずつ楽しいことを見つけて幸せに暮らす実験・・・のはずが現在K-POP+韓国ドラマ偏重中


by solcov

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(K-POP)
音楽(その他)
映画
文芸

テレビ
韓国ドラマ
マンガ
生活
仕事
NBA
時事
アニメ
新大久保
DVD

その他娯楽
未分類

以前の記事

2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
more...

お気に入りブログ

ええねん日記
良い子の学習帳
@@猟奇的な映画情報局@@
rencia`s ...
サランヘヨ 韓国ドラマ
クニャン カジャ~♪
小春日和
人生メジャー化計画
さらんへ~
TURTLE STYLE
三番目の住人
ひとり言。
愛とは理由を言えないもの・・・
Natural
http://smaps...
ORANGE Note~...
まきもきや
韓国ドラマ Inform...
ソウルに住む日本人主婦の...
亜州的日日 [Asian...
韓☆スタ
シム家の食卓@完全クローズ
つれづれk-pop日誌
『大長今』ストーリーガイ...
尼雄の音楽日記 ー道は星...
if you see h...
web備忘録
KAORI'S ROOM
seefall 終わらない物語
あるびん・いむのピリ日記
hoop NBA fro...
JUSAWI
野宮真貴のおしゃれブログ
酸いも甘いも☆ 釜山大スキ!
韓国人、嫌韓を見る
羅鰤威韓国留学日記
かおり★おかき『エル・カ...
aj・staff's blog
FREEBIRD WEB...

ブログパーツ

カテゴリ:文芸( 5 )

栗本薫の死

ついこの間(でもないが)グインサーガの話を書いたと思っていたら、作者の栗本薫が亡くなったとのこと。
十代の頃から読み続けてきた小説が未完のまま終わるのが確定した訳だ。

早川書房にとってはドル箱だったと思われるので、今後何らかの形で完結まで書き継がれる可能性はあるかも知れない。
が、古今東西原作者の死後に別の作家が書いた続編は面白くないものと相場が決まっている。
特にグインサーガと同一ジャンルであるヒロイックファンタジーでは、R.E.ハワードのコナンシリーズの例もある。

もっとも、僕は物語が必ず綺麗に完結すべきだとは思っていない。
未完というのは「永遠に終わらない」ということでもあるので、それは特段悲しむべきことではないのかも知れない。

栗本薫のご冥福を祈りつつ。
by solcov | 2009-05-27 20:00 | 文芸 | Trackback | Comments(0)

八犬伝の世界

a0018010_22513981.jpg一番好きな本は何かと問われれば、多分僕は『南総里見八犬伝』と答える。
とにかくこの物語は面白い。

その面白い物語を更に面白くしてくれるのがこの本だ。

実は、こういう本があることは随分前から知っていたのだが、ついつい読まずに済ませていた。だが、最近初めて読んでみて驚いた。
自分がいかに『南総里見八犬伝』をイージーに読み飛ばしていたか思い知らされたのである。

これってこんなに凄い物語だったのか。

まだ『南総里見八犬伝』を読んだことのない人は、是非この本と一緒に読むことをお薦めしたい。本当に面白いから。
チャングムも終わったことだし(笑)、僕も久しぶりに最初から読み直してみようかな。
by solcov | 2005-11-15 22:59 | 文芸 | Trackback | Comments(7)

『世界の中心で愛を叫んだけもの』

実はこの件に関して僕は大変怒っているのだ。
そう、『世界の中心で、愛をさけぶ』である。

言ってはなんだが、この小説に違うタイトルがついていたらこんなに売れていなかったはずだ。それくらいタイトルにインパクトがあった。
ところが、そのインパクトのあるタイトルはよそからちゃっかり頂いて来たブツだ。
元ネタはハーラン・エリスンの『世界の中心で愛を叫んだけもの』である。
79年に日本で翻訳されて以来、ずっと僕の愛読書だった本だ。

既存の作品のタイトルをもじったり、真似たりすること自体は別に悪いことではないが、節度は必要だと思う。ただ言葉にインパクトがあるというだけで、全く縁もゆかりもない作品から借りてくるのはやりすぎだ。
某自閉症奨励アニメのサブタイトルに使われた時も相当不愉快だったが、あれは所詮サブタイトルでだったので、「しょうがねえなあ、もう」くらいで済ませ、忘れることができた。今回はそこいら中でこのタイトルを見かけてしまうので、なかなか忘れてあげることができない。

片山恭一に悪意があったとまでは思わないが、余りに無神経だと思う。その無神経さに腹が立つのだ。

しかし、エリスンもまさかこんな他愛もない極東のお子ちゃま小説に自作のタイトルを引用されるとは思っていなかっただろうなあ・・・。
by solcov | 2004-07-23 23:58 | 文芸 | Trackback | Comments(2)

小説『許浚』

ドラマの『許浚』が面白そうだったので、小説も買ってみた。「医の道に辿りつく」と、「心医の域に達する」と題された上下二巻、各ページ二段組みで訳1,000ページに及ぶボリュームである。それだけの長さを読んできて未完で終わってしまったら、雑誌連載当時これを読んでいた韓国の人たちの落胆はさぞや・・・。
もしかすると、ドラマの高視聴率の背景にはこうした事情もあったのかも知れない。

ドラマとは多少ストーリーが異なるが、この小説も面白い。
韓国の小説というものを読むのはこれが初めてだが、これがベストセラーになるのであれば、日本人が楽しめる韓国の文学はもっとたくさんありそうな気がする。

そして、作品として面白いだけでなく、当時の社会背景についても軽く説明されているのが有難い。当時の身分制度はやはり日本人には馴染みがないが、それが解らないままだとどうしても人間関係がいまいち見えなくなってしまう。
『大長今』の時代から50年~60年後の物語なので、いまのうちからこの小説を読んでおくと10月からの『大長今』を見る上でも役に立つかも知れない(笑)。

もっとも、これから日本でも『大長今』の小説が出版されそうな気はする。ちなみに、小説では上下巻に分かれた原作本『医女 大長今』と、ドラマのノベライズ『大長今』の二種類があり、更に子供向けのマンガとか、色々ネタはあるようである。


・・・結局『大長今』話になってしまった。
by solcov | 2004-06-25 21:20 | 文芸 | Trackback | Comments(3)

ラヴクラフト

病院での待ち時間が長く、何か本を持っていかないと暇でしょうがない。両松葉杖だとバッグ類を持ち歩くのが面倒なので、必然的にポケットに入る厚さの文庫本ということになる。ギブスをしている関係上、いつもワイドバギーしか履けないから比較的大きめの文庫本でもサイドポケットに収まるのだが、それでもかなり持ち歩ける本は限られる。

結果的に、最近文庫本は余り買っていなかったせいもあり、昔読んだ本を読み返すことが多くなってしまった。

で、久々に『ラヴクラフト全集』を読み返しているのだが、1930年代に書かれた物語とは思えないほど違和感がない。確か、初めて読んだ時は強烈な違和感があったはずなのだ。ホラーともSFとも違う一種独特な居心地の悪さというのだろうか。恐怖よりも何か病的な嫌悪感を催させる作家という印象があった。
その当時は本当に一部のファンにしか知られていなかったラヴクラフトも、一時はテレビドラマのネタに使われるほど一般化した。ラブクラフトに影響を受けたホラー作品も一つや二つではない。今更ラヴクラフト的なものに違和感を感じないのも当然なのかも知れない。

だが、それだけだろうか。
もしかすると、僕たち現代人がラヴクラフトと同じ病を抱えて生きる存在になり果ててしまったのではないか。

・・・と考えるとまるでインスマウスに行った男(『ラヴクラフト全集』第一巻収録の『インスマウスの影』)みたいでちょっと気持ちが良かったりする(笑)。
by solcov | 2004-05-09 00:07 | 文芸 | Trackback | Comments(0)

最新のコメント

諸般の事情で最近アクセス..
by solcov at 18:50
ありがとうございます。 ..
by solcov at 09:32
solcovさん ^^ ..
by Natural at 16:27
いやもう、毎度毎度お久し..
by solcov at 21:49
solcovさん  ^^..
by Natural at 10:25
そうですね〜、確かに少女..
by solcov at 00:41
いやいやKARAを語って..
by Natural at 19:42
ですね。 そう思うと、..
by solcov at 23:30
20年・・・ 生まれた..
by Natural at 16:37
あの頃僕もオ・ヒョンラン..
by solcov at 22:33

最新のトラックバック

ワンダーガールズ 最新情..
from これ好き! KoreaFan
2NE1 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
KARA 最新情報 - ..
from これ好き! KoreaFan
久々の更新、そして久々の..
from 音楽のある風景
日本デビューする韓国オサ..
from nonsense
ネット自殺予告、救った命..
from スーパーサイヤ人
それでも生きてはいるけれど
from web備忘録
君がいなくても地球は回る..
from web備忘録
SAMSUNGが熱い!
from 愛とは理由を言えないもの・・・
「韓国ドラマ」のトラック..
from 韓国ドラマ

タグ

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
音楽

画像一覧